趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓄音機の会 復活

2007年12月、ビストロ・ベルランの閉店とともに幕を閉じた蓄音機の会が、3年半ぶりに復活した。

この会はもともと、リンク先ブログでお世話になっているすき焼きの老舗、今朝のご主人のgramophonさんが、先代から社長を継がれる前に経営されていたビストロ・ベルランで月に一度開催していたのだが、ベルラン閉店後、会場となるべき場所がなくなったこともあり閉幕となっていたのである。

それが、日比谷公会堂アーカイブスカフェが2か月に一度蓄音機の会を開くということになり、gramophonさんがその企画・監修・司会進行を担当されることになったのである。

新蓄音機の会と銘打って再開された第一回は、前半でワーグナー、後半でベートーヴェンという構成である。

まずはトスカニーニ指揮のローエングリン第一幕前奏曲で始まり、フラグスタートとメルヒオールによるトリスタンとイゾルデ第二幕の愛の2重唱を鑑賞する。

蓄音機から聞こえる、生々しい弦の音色が、天井の高い会場に響き渡る。
フラグスタートにメルヒオールの素晴らしい声も、大変な臨場感と温かみをもって伝わってくる。

ここで休憩。
往時は、レストランでの開催であったこともあり、おつまみにグラスワインであったのだが、現在の会場はカフェのため、コーヒーをいただく。3年半ぶりに、往時からの常連さんともお会いできた。

後半は、フルトヴェングラーの1938年のベルリンのスタジオ録音の運命。
スタジオ録音ゆえにライヴのような熱狂ぶりはないものの、それでもやはり古ヴぇンらしさにあふれた演奏が、これまた生々しい音で広がる。

実に3年半ぶりの蓄音機の音色は、大変素晴らしかった。
これを、頻度は往時の半減とはいえ、また定期的に味わえると思うと本当にうれしい。
スポンサーサイト

仲道郁代&有田正広のショパン~こういう演奏が聴きたかった!!

 モダンピアノで有名な仲道郁代氏が、有田正広指揮の下、フォルテピアノ(プレイエル1841)に古楽器オーケストラでショパンのフォルテピアノ協奏曲1番&2番を録音した。

 しばらく前に買ったのをようやく聞いたのだが、これが実に古楽らしい、素晴らしい演奏だったのである。

 まず、オケの鳴らし方が実によい。テンポはややゆったり目に設定し、一つ一つの楽器の音をくっきりと浮かび上がらせながら、これぞ古楽、という感じで、楽譜の隅々まで聞こえてくるようである。

 フォルテピアノはプレイエルらしいキラキラした響きを、決してガチャつかせずにーモダン系の人が弾くとせっかくのプレイエルがモダンピアノ的なガチャつきを呈することもままあるのだー味わい深く聞かせてくれる。

 フォルテピアノとオケの絡む場面では初演当時のやり方で1パート1人の室内楽編成での演奏となり、桶のとぅってぃとの対比も鮮やか。

 何よりも、フレージングの妙味が、ちょっとしたテンポの揺らし方や、細やかな強弱のつけかたなど、実に味わい深く、かつ個性的である。

 これぞ古楽器によるショパンの協奏曲の決定版といえるだろう。

三十路突入

今年の5月5日で30歳になった。

30というとなにかこう、一つの節目のような気がする。

別に人間の中身が変わるわけではないのだが、なんとなく居心地の良い年頃のような気がするのである。

27,8ぐらいのときは誕生日が来るのが少々憂鬱に感じたりもしていたのだが、去年あたりから淡々とした心境である。

自主防災訓練

震災の直前に結婚し、妻が私の家に引っ越してくることになっているのだが、それはまだ少し先の予定である。

そんな事情があるため、震災で交通網がマヒした時、幸いにして私は四ツ谷の職場から妻の住む千駄木まで1時間ほど歩くだけで済んだのだった。

しかし、夏には妻も横浜に引っ越してくるため、いずれまた将来このような交通網のマヒが起こった時に、四ツ谷から横浜まで歩いて帰ることになることが想定される。

そこで、鉄は熱いうちに打てというわけで、震災から2週間ほど過ぎた土曜のこと、思い立って自主避難訓練として、四ツ谷駅から横浜の自宅まで歩いてみることにした。

成人男性の平均歩行速度は時速6キロといわれており、四ツ谷から横浜まではおよそ37キロほどであるので、計算上は6時間強で帰れるはずである。

実際に歩いてみると、まず四ツ谷から新橋まででおよそ40分ほど。新橋からはひたすら国道15号線を歩いていく。

新橋から品川までは何度も歩いたことがあり、おおよそいつも通りのペースで歩いて約30分で品川駅に到達した。ここからは、未体験ゾーンに突入である。

15号線をひたすらまっすぐ歩いてさえいれば横浜に着くことは分かっているので、道に迷う恐れはなく、ただひたすらにまっすぐ歩く。

品川から、交通案内板には川崎15キロ、横浜29キロとある。

やがて案内板の表記は大森、蒲田と京浜東北線の駅でおなじみの地名に代わり、案内板の数字も1キロまた1キロと減っていく。

やがて川崎に着く。品川からおよそ2時間半。おおむね計算通りのペースである。

万歩計を見ると、スタートからおよそ26,000歩ほどであった。これは、時間のたっぷりある休日にフルコースで散歩した時の歩数に相当する。さすがにこの辺りまで来ると、いかに散歩愛好家の私とても、次第に疲れを感じるようになってくる。

コンビニでお菓子を買ってエネルギーを補給し、再び歩く、歩く、歩く。
スピードはやや鈍るものの、なお足取りはしっかりと歩いている。
人間、歩こうと思えば結構歩けてしまうものだ。

日が暮れてくると、節電の影響で町は暗く、間引きされた街灯と通り過ぎる車のヘッドライトだけが明かりとなる。それでもひたすら歩きに歩き、ようやく横浜に着く。所要時間は約6時間。総歩数は43,454歩。想定よりも若干早く着いた。

しかし、一度歩いてみると、スニーカーさえあれば何とか歩けるものだということを発見した。
防災グッズとして会社に一足スニーカーを置いておくことにしておけば、再びあのような交通網のマヒはあるものの、何とか帰れるであろう。

何事も、一度やってみるものである。

5分咲きの千鳥ヶ淵

 昨日、仕事を定時に切り上げて、夕日の中を麹町から市ヶ谷、靖国通り、千鳥ヶ淵、北の丸公園と桜を楽しんだ。

 春宵一刻値千金とはまさによく言ったもので、何とも美しい黄金色の光の中、まだ3分~5分咲きではあるが、黄金色の空と桜色のコントラストは何とも美しい。

 千鳥ヶ淵は「自粛」の影響かそれとも時期が早いのか、人出もあまりなく、ものさみしくはあったが、それ故に自分のペースで歩けるのはよかった。

 権力を持たぬものを疲弊させることに酔いしれる権力者が何をほざこうが、花は構わず咲くものだ。

110404_1213~01
110404_1748~01

110404_1807~01
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。