趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓄音機の会 復活

2007年12月、ビストロ・ベルランの閉店とともに幕を閉じた蓄音機の会が、3年半ぶりに復活した。

この会はもともと、リンク先ブログでお世話になっているすき焼きの老舗、今朝のご主人のgramophonさんが、先代から社長を継がれる前に経営されていたビストロ・ベルランで月に一度開催していたのだが、ベルラン閉店後、会場となるべき場所がなくなったこともあり閉幕となっていたのである。

それが、日比谷公会堂アーカイブスカフェが2か月に一度蓄音機の会を開くということになり、gramophonさんがその企画・監修・司会進行を担当されることになったのである。

新蓄音機の会と銘打って再開された第一回は、前半でワーグナー、後半でベートーヴェンという構成である。

まずはトスカニーニ指揮のローエングリン第一幕前奏曲で始まり、フラグスタートとメルヒオールによるトリスタンとイゾルデ第二幕の愛の2重唱を鑑賞する。

蓄音機から聞こえる、生々しい弦の音色が、天井の高い会場に響き渡る。
フラグスタートにメルヒオールの素晴らしい声も、大変な臨場感と温かみをもって伝わってくる。

ここで休憩。
往時は、レストランでの開催であったこともあり、おつまみにグラスワインであったのだが、現在の会場はカフェのため、コーヒーをいただく。3年半ぶりに、往時からの常連さんともお会いできた。

後半は、フルトヴェングラーの1938年のベルリンのスタジオ録音の運命。
スタジオ録音ゆえにライヴのような熱狂ぶりはないものの、それでもやはり古ヴぇンらしさにあふれた演奏が、これまた生々しい音で広がる。

実に3年半ぶりの蓄音機の音色は、大変素晴らしかった。
これを、頻度は往時の半減とはいえ、また定期的に味わえると思うと本当にうれしい。
スポンサーサイト

仲道郁代&有田正広のショパン~こういう演奏が聴きたかった!!

 モダンピアノで有名な仲道郁代氏が、有田正広指揮の下、フォルテピアノ(プレイエル1841)に古楽器オーケストラでショパンのフォルテピアノ協奏曲1番&2番を録音した。

 しばらく前に買ったのをようやく聞いたのだが、これが実に古楽らしい、素晴らしい演奏だったのである。

 まず、オケの鳴らし方が実によい。テンポはややゆったり目に設定し、一つ一つの楽器の音をくっきりと浮かび上がらせながら、これぞ古楽、という感じで、楽譜の隅々まで聞こえてくるようである。

 フォルテピアノはプレイエルらしいキラキラした響きを、決してガチャつかせずにーモダン系の人が弾くとせっかくのプレイエルがモダンピアノ的なガチャつきを呈することもままあるのだー味わい深く聞かせてくれる。

 フォルテピアノとオケの絡む場面では初演当時のやり方で1パート1人の室内楽編成での演奏となり、桶のとぅってぃとの対比も鮮やか。

 何よりも、フレージングの妙味が、ちょっとしたテンポの揺らし方や、細やかな強弱のつけかたなど、実に味わい深く、かつ個性的である。

 これぞ古楽器によるショパンの協奏曲の決定版といえるだろう。

新しい趣味

 長年ひそかに考えていた、新しい趣味に、ついに着手した。

 そう、チェンバロを習い始めたのだ!

 目白にあるアルル音楽学園と言う大人向けの音楽教室に、チェンバロコースがあり、比較的リーズナブルな月謝でチェンバロを習うことができるのである。

 さすがに本物のチェンバロを持てるほど裕福ではないので、楽器はローランドの電子チェンバロを調達した。それでも今の私にはかなりの決断を要する買い物だったのだが……。

 今日は初回のレッスンだったのだが、いざ実際に本物のチェンバロに触れ、音を出してみると、実に感動する体験である。

 ごく初歩的なこととして、今日はレガートのかけ方を習った。
 チェンバロは、鍵盤を抑えている時間がすべてなので、たとえばド→レという音の流れをレガートをつける場合、ドを押した指を離す前にレを押し、レの音が鳴ってからドを放すという操作を行う。これはピアノとは全く違った感覚で、最初はなかなか難しい。

 思い起こせば小学生の時親の趣味でピアノを習わさせられていたときは全く好きではなく、まともに練習もせず、4年かけてようやくメトードローズを習ったところでタイムアウトという体たらくだったのだが、将来まさか自分の意思でチェンバロを習い始めようとは、まったく人生はわからないものである(笑)。

 いずれは私が愛してやまぬあの曲、J.C.F.フィッシャーの「ウラニア」の「パッサカリア」をひきこなせるようになりたいものである。

絶品のショパン

 今年はショパン生誕200年ということで、ショパンの同時代楽器による録音がたくさん出ており、非常に良い年である。

 その中でも、頭一つ抜きんでた素晴らしい録音に巡り合った。

 エドナ・シュテルンがプレイエル1848年を使用した、ソナタ第2番等の録音である。レーベルはナイーヴ。

 繊細な弱音表現に、これまた繊細なテンポ・ルバートを利かせ、SP時代の巨匠も各屋と思わせるロマンティックこの上ない表現を、同時代楽器ならではの木質の音色でたっぷりと味わわせてくれる。

 特に、葬送行進曲やバラード第2番など、絶品だ。
 
 ぜひともシリーズ化して、英雄ポロネーズやバラード第1番、別れの曲、雨垂れなど、今回のアルバムに入っていない私の好きな作品を録音してもらいたいものである。

 

ヨーゼフ・マルティン・クラウス

 先日、何枚かまとめてヨーゼフ・マルティン・クラウスの作品のCDを購入して、それをまとめて聞いたのだが、やはりこの作曲家は素晴らしい才能の持ち主だ。

 ドイツ生まれでスウェーデンの宮廷に仕えたモーツァルトと同い年の作曲家で、「スウェーデンのアマデウス」などと言う人もいるらしい。

 有名なのは交響曲で、モーツァルトにも匹敵する豊かな楽想が厚みのあるオーケストレーションで繰り広げられ、非常に面白い。

 今回入手したものの中には珍しい室内楽や声楽もある。室内楽はフォルテピアノを含むトリオやカルテットだったのだが、これまた非常に聴いていて心地よい作品なのである。声楽はこれぞ古典派という感じのメロディのはっきりしたアリアが中心で、古典派好きにはたまらない。

 まだまだ録音されていい作曲家だと思う。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。