趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ca va?

 秋は鯖の旬である。

 ……といいつつ、つい2週間ほど前、ついに鯖に中るというひどい目に遭遇した。

 まさか、塩焼きに中るとは。

 というのも、サバに中る原因物質は無味無臭、煮ても焼いても分解不能のアレルゲン物質、ヒスタミンであるからだそうで、中るまで当たるかどうかわからないのだそうである。

 ヒスタミンで腹痛と顔面紅潮にさいなまれ、苦しみの淵の底で、私は誓った。

 ・・・・・くぅ、リヴェンジだ!この仕返しに美味い鯖料理を近いうちに作って食ってやる!!

 その後2週間たって、ついにリヴェンジを果たした。

 ヴェルディのオペラ、リゴレットの一節、"Si, vendetta! Vendetta tremenda!"を口ずさみながらショウガを薄切りにし、日本酒を煮切り、味噌を溶いて鯖の切り身とショウガを投入し、落とし蓋をして中弱火で煮ること約12分。

 水分がほとんどなくなるまで煮つまり、鯖の味噌煮の完成である。

 たまたま味噌の在庫が江戸前の合わせみそだったのだが、意外とあっさりした味わいに仕上がり、なかなか美味しかった。

 次は八丁味噌で煮てみようかと思う。

 鯖の味噌煮
スポンサーサイト
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。