趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林望訳源氏物語

リンボウ先生こと林望氏の訳になる源氏物語を読んでいる。

今ちょうど空蝉を読み終えて夕顔に入ったところであるが、非常にこなれた訳で大変読みやすい。

イギリスの専門家のようなイメージだが、リンボウ先生の本業は古典学者、書誌学者なのである。
そもそもイギリスにわたったのも、大英図書館の日本の古書の目録作成の仕事で行ったそうである。

学者の正確性と作家の創造性がバランス良く同居していて、学者であり作家であるという林望氏ならではの、良訳だと思う。
続きが楽しみだ。
スポンサーサイト
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。