趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓄音機の会 復活

2007年12月、ビストロ・ベルランの閉店とともに幕を閉じた蓄音機の会が、3年半ぶりに復活した。

この会はもともと、リンク先ブログでお世話になっているすき焼きの老舗、今朝のご主人のgramophonさんが、先代から社長を継がれる前に経営されていたビストロ・ベルランで月に一度開催していたのだが、ベルラン閉店後、会場となるべき場所がなくなったこともあり閉幕となっていたのである。

それが、日比谷公会堂アーカイブスカフェが2か月に一度蓄音機の会を開くということになり、gramophonさんがその企画・監修・司会進行を担当されることになったのである。

新蓄音機の会と銘打って再開された第一回は、前半でワーグナー、後半でベートーヴェンという構成である。

まずはトスカニーニ指揮のローエングリン第一幕前奏曲で始まり、フラグスタートとメルヒオールによるトリスタンとイゾルデ第二幕の愛の2重唱を鑑賞する。

蓄音機から聞こえる、生々しい弦の音色が、天井の高い会場に響き渡る。
フラグスタートにメルヒオールの素晴らしい声も、大変な臨場感と温かみをもって伝わってくる。

ここで休憩。
往時は、レストランでの開催であったこともあり、おつまみにグラスワインであったのだが、現在の会場はカフェのため、コーヒーをいただく。3年半ぶりに、往時からの常連さんともお会いできた。

後半は、フルトヴェングラーの1938年のベルリンのスタジオ録音の運命。
スタジオ録音ゆえにライヴのような熱狂ぶりはないものの、それでもやはり古ヴぇンらしさにあふれた演奏が、これまた生々しい音で広がる。

実に3年半ぶりの蓄音機の音色は、大変素晴らしかった。
これを、頻度は往時の半減とはいえ、また定期的に味わえると思うと本当にうれしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。