趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦痛の靴選び

 などと絶対零度の駄洒落を言いたくなってしまうほど、私の足に合う靴は市場に出回っていない。

 ちょうどドナルドダックの足をイメージしてもらえるとわかると思うのだが、私の足もあのディズニーキャラクターの足のように、非常に幅広なのである。

 それゆえ、純粋な前後の長さだけならば27で事足りるはずのところ、27では4Eでも横幅が靴に収まりきらず、4Eでも横幅の収まるサイズとなると、28でぎりぎりとなる。

 この足を納めうるサイズの靴を探すとなるともう大変な騒ぎで、店を何軒か回ってようやく1足見つかるかどうか、と言う有様である。それゆえ靴の買い替えは非常に億劫な大事業となり、その結果私は文字通り履き潰すまで靴を買い換えようとしない。大体において、なぜ靴と言うものはつま先を細くしたがるのだろう?西洋人の足はひし形なのだろうか。私の足はまさにドナルドダックの足のごとく、つま先に近づくほど幅が広くなるのでこういう靴をはこうとすると古の中国人女性の纏足の如き相様を呈するため、とても履けたものではない。うむむ。

 さらに厄介なことに、アレルギー体質なため、ちょっとでも通気性が悪いとてきめんに皮膚が炎症を起こし、焼けるようなかゆみで夜も眠れぬほどの責め苦に苛まれてあっという間に病院送り(といっても皮膚科だが)となってしまうのである。

 今日は、いくらなんでも、と我ながらあきれるほどボロボロに履き潰れつつある通勤用の靴をあきらめて買い替えに出かけたのだが、そんなわけで結局履ける靴を見つけられなかったのであった。

 結論:日本人は草履を履くべし!!
スポンサーサイト

コメント

ドイツの靴

私も幅広でして(汗)、然も小さいので合うものを探すのはたいへんです。ドイツのビルケンシュトックはパッと見、空豆みたいな形で足先が幅広です。人間工学に基づいて考案された中敷きも快適ですので、お勧め致します!草履だけでなく、メンフィスと云う革靴を愛用してます。http://www.birkenstockjpn.co.jp/

  • 2006/02/14(火) 10:39:34 |
  • URL |
  • gramophon #-
  • [ 編集]

gramophonさん、おすすめありがとうございます。
明日は研修で仕事が早く終わるので、銀座店に立ち寄ってみますね。

  • 2006/02/14(火) 23:51:24 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

 教えていただいたお店に昨日言ったのですが、何と一番幅広のサイズのものでも、前後の長さをぴったりにすると納まるものがありませんでした(泣)
 結局、今日ネットで検索して見つけた幅広く津の専門店で、前後26.5幅6Eと言うのを見つけ、ようやく前後も幅もぴったり合う靴を手に入れることができました。

業の深い足です(苦笑)

  • 2006/02/16(木) 23:07:34 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

兎に角、見附かってよかったですね。あとは金を貯めて、フルオーダーですよ!

  • 2006/02/17(金) 16:01:19 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

 ありがとうございます。
 最近『王様の仕立て屋』と言う漫画を読んで、フルオーダーはさぞや着心地履き心地の良いことだろうなあ、と、未知の快楽への憧れを募らせています。
 いつかはやってみたいですね。

  • 2006/02/18(土) 11:14:54 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/106-dbe995cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。