趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想家と夢想家、あるいはブラームスの憂鬱

 理想家と言う人たちが、理想の実現を信じてそれを追及するる人たちであるとすれば、夢想家という人たちは、現実不可能なことに気づいてしまった理想をせめて心の中に思い描いている人ではないか、と私は思っている。言い換えれば、決して手の届かぬものへの憧れと夢想の中で戯れるのが夢想家、と言うことになる。

 そしてベートーヴェンやワーグナーの作品が理想家のための音楽であるとすれば、ブラームスの作品はまさに夢想家のためのものではないだろうか。

 先日、gramophonさん主宰の蓄音機の会で、フルトヴェングラー指揮、メニューインのソロによるヴァイオリン協奏曲の大変素晴らしい演奏を大変素晴らしい音質で聴かせて頂いた。この演奏を聴きながら改めて実感したのだが、私はこの『決して手の届かぬものへの憧れ』を、ブラームスの作品を聴いていると強く感じるのである。あるいは私自身夢想家であるがゆえに、ブラームスの作品の中のそうした要素に強く惹かれてしまうのかもしれない。

 ブラームスの作品の中で私が好きな作品は、交響曲の1番、3番、チェロソナタ1番、クラリネット五重奏、ピアノトリオ1番と言ったところなのだが、いずれの作品を聴いていても、音楽が大変美しく盛り上がってきたところで、次第に苦しそうな調子になり、やがて現実に戻ってくるような瞬間がままあるのである。

 たとえば交響曲第一番の最終楽章では、チェロの主導で大変堂々とした心浮き立つようなメロディが奏でられ、それがどんどん展開され盛り上げられていくのだが、次第にヴァイオリンのメロディは苦しさをにじませ、『もう限界!!』と言わんばかりの、あたかもあと一歩で手が届くところで結局手が届かずに終わるかのような音楽をかなで、『まあ現実はこんなもの』と言う諦念のような中音域に落としたメロディを経て、でも夢は心の中に描き続けよう、と言わんばかりの音楽で終わるように、私には聴こえる。

 同じように、交響曲3番の有名な3楽章にも、チェロソナタ1番の第一楽章でチェロが音域を上げながら苦しそうな歌を歌い、力尽き息を切らすかのように歌い終えるところなども、そういったどうやっても近づけない物への見果てぬ夢を強く感じる。クラリネット四重奏の第一楽章にいたっては全編が嘆き節のようだ。

 それゆえか、ブラームスの音楽の多くは憂鬱な雰囲気が漂い、ハッピーエンド好みの理想家には受けが良くないような気がする。しかし、私のような夢想家には、映画『ミリオンダラー・ベイビー』のそれにも似た静謐な慰めを、この儚いーまさに『人の夢』のごときー憂鬱がもたらしてくれるのだ。
スポンサーサイト

コメント

SP盤

鳥肌が立つ程の素敵な演奏でした。盤もよかつたのですが、こんなことは久しくありません。暫く興奮冷めやらず、後の會で困りました。

  • 2006/03/06(月) 17:27:56 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

ブラームスは夢想家ですか。手に入れたくても届かないものを求め続ける・・・。
彼の音楽には意志の弱さみたいなものを感じてしまいます。言うなれば、男らしくないというか、どこかウジウジ感が漂う。どうせ俺なんて・・・的な印象を受けます。きっと初期の作品を作っていた頃はそんな暗い方向ではなかったはずなのに・・・。
そんな彼の音楽はなかなかなんですけどね。僕はどちらかというと理想家の音楽の方が好きなようです。ブラームスでもピアノ協奏曲でも2番より1番が好きですしね。

  • 2006/03/07(火) 01:07:02 |
  • URL |
  • fratres #-
  • [ 編集]

>gramophonさん

 あの感動を引きずって受付業務では、本当に困ってしまいそうですね。

>fratresさん

 理想家の目には、夢想家の音楽の味わいは単なるうじうじ君に見えてしまうかもしれません。しかし、夢想の力も侮れないものがあると思いますよ。

  • 2006/03/07(火) 23:46:05 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/112-2c528eca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。