趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルスまとめ聞き

 マイルス・デイヴィスをこよなく愛するMiles的…さんより、先日譲っていただいた何枚かのマイルスのアルバムの感想を求められたので、今回はマイルスについて書こうかと思う。このためにここ2日でまとめてもう一度聴いたのだが、改めて奥の深い人だ、と思った。

 私はマイルスならばアコースティック時代が好きなのだが、エレクトリック時代の『アガルタ』『パンゲア』を聴いて、何とか必死でついて行きつつ、マイルスはどこまで言ってもゴーイング・マイウェイ、あのクールでシャープなひと吹きで完全な俺様世界を作り上げてしまうのはすごい、と思った。

 マイルスの吹くトランペットの音色は一種独特で、表面上は控えめを装いつつも強烈な存在感を放つような気がする。で、この二つのアルバムでは、大変先鋭的で『判るもんなら判って見ろ』的な挑発さえも感じるような高度なプレイを繰り広げているのだが、それでもやはりマイルスのあのトーンがすべてをマイルス色に染め上げているように感じられた。

 これらの演奏は言葉で評論するのが大変難しい、聴いてくれとしか言いようのないもので、これをあえて言葉に書くには私はまだ聞き込みが足りない。とりあえず、またゆっくり時間をかけて聞き込んでいこうかと思う。
スポンサーサイト

コメント

Milesのその後

早速のご感想ありがとうございます。
ハガキ(メール)職人のしがいがあります。

『アガ』『パン』は、1975年大阪公演の、なんと同日(!)に行われた昼の部と夜の部なんです(笑)。
なので、ぶっ続けにあんな混沌とした(あるいは呪術的な)音をノンストップメドレーでやっちゃう(ずっとやっちゃってきた)もんだから、さすがの帝王といえど(笑)、直後から充電(療養)期間に入ることになります。6年間も(笑)。
ちなみに、どんな6年だったかというと、ひたすらに『酒』『クスリ』『女』という、Tiberius Felixさんの日常のようなリハビリだったそうです。
そして6年後、それらにホトホト飽きて(笑)、カムバックします。更なる変貌を遂げて...

  • 2006/04/07(金) 18:43:04 |
  • URL |
  • Miles的… #-
  • [ 編集]

復帰後のマイルスでは『デコイ』が好きです。
You're under arrestは微妙ですが・・・(苦笑)

  • 2006/04/10(月) 00:18:13 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/125-4114e483
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。