趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除、この果てしなきシシュフォスの苦役

 ギリシア神話にこういう話がある。
 神々の怒りを買ったコリントの王シシュフォスは、冥界で天罰として重い岩を山の上に運び、それが落ちてきたらまた山の上に運び……と、永遠に重い岩を運び続ける苦役につかされた。
 永遠にやり直しを運命付けられた苦役、そのたとえがこの神話である。

 部屋の掃除をしているといつも私は自分がシシュフォス王になったような気分になる。片付けても片付けても、どうせまた散らかってしまうのであり、永遠にやり直しが運命付けられた苦役。部屋の掃除とは、まさにシシュフォス王の苦役以外の何者でもない。

 そんなわけで私は掃除と言う作業が大嫌いで、当然ながら部屋は大変散らかっている。

 しかし昨夜、事件は起こった。

 家に来ていた友人のMiles的…氏が、洗濯機の上に荷物を置こうとしたとき~それはつまり、洗濯機の上くらいにしか荷物の置けそうな場所が存在しなかったからなのだが~なんと荷物が洗濯機と水道をつなぐホースに当たってホースが外れ、ものすごい勢いで水が噴出したのだ!もちろん部屋の中で!!

 水圧と言うのは恐ろしいもので、蛇口をひねり終えて水が止まったとき床はすでに一面水浸しになっていた。
 幸い、本やCDがあるあたりには被害がなかったのだが、この水をどうにかしてふき取り、床を乾かさねばならない。

 そこで、図らずも数年ぶりに(苦笑)大掃除と相なったのである。

 まず腐らないのをいいことに床にぶちまけたまま放置していた大量の燃えるゴミを拾い集め、数ヶ月ぶりに姿を現した床にこれもまたまとめて捨てるのが面倒で部屋のあちこちに放置されていた新聞ガミで水を吸い取る。
 冷蔵庫の下の水溜りを吹くため冷蔵庫まで移動し、水をふき取る。

 水が片付くと、本来ならばそれでもう終わりにして良いはずなのだが、何か化学反応でも起こったのか、そのまま廊下全体の大掃除に突入してしまった。
 
 まずはクリーニングに出そうと思って玄関付近に丸めて放置していた服をビニール袋にまとめ、先ほど同様、そこらじゅうにちりばめられた燃えるゴミを片付ける。

 ヘラクレスに課された十二の難行のひとつは12年間一度も掃除されていなかった牛小屋の掃除と言うものだったのだが、まさにそのヘラクレスのように、我々は12ヶ月間一度も掃除されていなかった(苦笑)廊下の掃除を行ったのであった。
スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした。
私の部屋も-女なのにお恥ずかしいことに-ぐっちゃぐちゃです。
以前は、きれ~いにしていたんですが、一度崩れるとなかなか立ち直れません。
どうも、日本独特の書斎=寝室というのに、無理が出てきたようで。
美輪明宏さまの「世間が汚いのだから、せめて自分の部屋をきれいにしなさい」というご忠告を実施したいのですが。

  • 2005/06/19(日) 00:58:41 |
  • URL |
  • なつ #3ItBdoaY
  • [ 編集]

本とCDは

際限なく増えていきますよね。
なかなか部屋を綺麗に保つのは難しいものです。

  • 2005/06/19(日) 23:38:57 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/15-2fc2a318
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。