趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押印制度に呪いあれ!!

 日本に存在する因習、悪習は枚挙に暇がないが、その中でも最凶最悪な悪習は押印と言う習慣に他なるまい。

 これほど非合理、非論理、不便、面倒、その他もろもろ、呪いの言葉を並べるだけで三万字でも四万字でも書き並べられるような因習は他にない。およそ人類のなしうる害悪のうち、押印の要求は殺人、強姦、放火に匹敵する悪事そのものだ。

 なぜ、日本人はいつまでたっても署名システムに一本化できないのだろう。
 
 印鑑は、朱肉がなければ押印できないし、管理は面倒だし、いざ押印を要求されたときに一体どの印が要求されているかの確認に手間取るし、押印すべき印が判明したところでその印がどこにしまわれているか探すのに四苦八苦するし、陰影を偽造する技法はいくらでもある。市販の三文判で偽装がいくらでもできる。法律行為の効果を自己に帰属させる意図での意思表示の証跡として、これほど不十分、不合理、不便、不用心なシステムはとても考え付かない。

 これに比べて、署名は、ペンさえあればスムーズに可能であるし、本人に固有の筆跡であって偽造は困難であるし、必要になったときに物を捜し歩く必要もないし、これほど合理的、必要十分、信頼性ある証跡は他に考えられない。江戸時代以来識字率の高さを世界に誇り続けてきた日本で、どうして自分の名前ひとつ記載するのにいちいちあんな道具に頼らなければならないのか。どうして明治の元勲たちは、ちょんまげや帯刀と一緒に押印制度を廃止・禁止しなかったのか。印鑑システムが残っているうちは、まだ日本は文明開化も途上であると言わざるを得まい。私がもし独裁者だったら、真っ先に印鑑システムは廃止、一切の文書について押印を有害的記載事項として、押印ある私文書・公文書はたとえ署名があろうとも一切無効、さらには刑事上も文書押印要求罪を制定して、公私を問わず何らかの文書に押印を要求した者は死刑または無期懲役に処してやるところなのだが。

 押印すべき印鑑の捜索に膨大な時間を無駄に使わされ、挙句の果てにこんな時間になってしまった怒りの文章であった。
スポンサーサイト

コメント

このエピソードが

?整然とした仕事場でのことなら…
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< ソーダ!ソーダ!!
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)
?混沌としたご自宅でのことなら…
   ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( 0日0)< カタヅケロー!!
  ( つ  )つ\_____
  | | |
  (__)_)

  • 2006/07/21(金) 12:08:39 |
  • URL |
  • Miles的… #-
  • [ 編集]

正解は・・・

?(苦笑)

  • 2006/07/21(金) 22:28:54 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/172-210764c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。