趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪の素材から最高のものを~『戦艦ポチョムキン』と『意思の勝利』

 芸術の素材、題材は多々あれど、おそらく出発の元からしてろくなものになりそうもない最悪の素材というものがあるだろう。

 分けても最悪の中の最悪の素材-それは、まったく共感するところのない政治思想のプロパガンダではないだろうか。

 私は資本主義者であり、自由市場主義者であるから、おこがましくも死すべき人間の分際で神の見えざる手を統制しようなどという僭越は、到底許しがたい。したがって、右の全体主義ナチズムも左の全体主義コミュニズムも、私にとっては何ら共感の余地のない思想となる。

 だから当然、ナチズムのプロパガンダ映画もコミュニズムのプロパガンダ映画も、最悪、である……はずなのだが、どうやら真の芸術家というものは、このような最悪の素材からもそれなりに素晴らしいものを作り出してしまうようである。

 最近、左のプロパガンダ映画『戦艦ポチョムキン』と、右のプロパガンダ映画『意思の勝利』をともに見たのであるが、両方ともなかなか映画としてはすごいのである。戦艦ポチョムキンのエイゼンシュタインにせよ、意思の勝利のリーフェンシュタールにせよ、とにかくカメラワークが素晴らしく、前者は無声映画、後者は字幕なしであるおかげで、映像そのものをたっぷりと鑑賞しつつもプロパガンダ内容を大して感じ取らずにすむこともあってか、あくまでも純粋な映像作品として虚心に鑑賞する限りにおいては、いずれも大変な価値のある映画であるといわざるを得ない。

 思うにプロパガンダ芸術というものは、もとより自己矛盾をはらんだ存在なのかもしれない。あたかもコインの表と裏のように、プロパガンダに成功するのは芸術として失敗したときであり、芸術として成功するはプロパガンダには失敗したときである、という意味において。
スポンサーサイト

コメント

「意思の勝利」私も見たい一本です。
以前、東急文化村で開催されたリーフェンシュタール展で、ビデオの断片見たのですが、やらせなのかリアルなのか逝っちゃってる若い党員の目がすごかった…。
ソフトで見たのですか?

『ポチョムキン』は学生の時に、火事で焼ける前のレトロな建物だった頃のフィルム・センターで見ました(懐)
ショスタコービッチのサウンド盤。
若かった所為か、あんまり印象に残ってないので、また見てみましょうか。

ところで
>資本主義者であり、自由市場主義者であるから、おこがましくも死すべき人間の分際で神の見えざる手を統制しようなどという僭越は、到底許しがたい。
まったく同感です。
リーフェンシュタールの芸術がそれを超越していたことも。
前記の展覧会で知ったのですが、戦後、彼女の映画界での活動が執拗に妨害され、機会を奪われたことは、かえすがえすも芸術上の大きな損失です。

  • 2006/08/17(木) 01:12:04 |
  • URL |
  • なつ #3ItBdoaY
  • [ 編集]

リーフェンシュタールが戦後活動できなかったのは本当に残念ですね。あれだけの才能を持った人ならば、どんなにか素晴らしい作品を残せただろうかと思います。
フルトヴェングラーが無罪判決を勝ち取り、戦後数々の名演奏を残したことに比べても、残念なことです。

  • 2006/08/18(金) 00:35:34 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

どうでもいいこと

神の見えざる手ですか、なつかしいですね。

どうでもいいことですが…
Adam Smithが主張するinvisible handは現在ではあまり現実的ではないようですね。
Alfred Dupont Chandler Jr.(組織は戦略にしたがうっていう有名な命題を残した人。ちなみにご存命です!)によればvisible handへと変わったというですね。
それがLangloisによればvanishing handへとまた変化していると。

内容はどうでもいいんですけど(専門的に勉強したければネットで検索されたし)どれもネーミングのセンスは抜群ですね!

  • 2006/08/18(金) 15:09:12 |
  • URL |
  • fratres #-
  • [ 編集]

 渋谷駅の東横線のどん詰まりから下へ降りる広い階段があるのですが、私は毎朝ここを逆流します。エスカレーター設置前は『ポチョムキン』の階段落ち場面をいつも思い浮かべてました。乳母車が落ちてくるんじゃないかと。

 思想抜きにこれらの映画は見られませんが、単純に映像だけで感動呼ぶ大きな力に用心が必要なのでしょうね。

  • 2006/08/18(金) 22:38:37 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

>fratresさん

 さすが専門家ですね~。
 まあ、いずれにしても投資家にとっては余計な規制・統制で儲けるのを邪魔するのはやめてくれ、ってことですよ。

>gramophonさん

 東横大改札前のあそこですね。
 確かに大勢の人が階段から殺到してくるのが似てますね(笑)

  • 2006/08/19(土) 11:22:12 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/190-450aa10b

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/16(火) 13:13:45 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/16(火) 13:13:46 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/19(金) 09:43:30 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/19(金) 09:43:30 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/25(木) 02:00:01 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。