趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物なんかしてる場合じゃないんです~迷宮的旅行記第二章(13)

 ミラノといえばブランド好きの女性にはたまらない聖地であるそうである。実際、繁華街にはさまざまなブランドショップが軒を連ねている。

 しかし、当時の私にはそのようなブランド品は手の届く代物ではなかったし、またそもそも私はあまりブランド品には興味が持てないので、お買い物は完全にスルーし(笑)、ミラノの町をあちこちめぐる。

 まずは、何はなくともミラノに出かけてこれを見ずに帰ることはありえない、レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を鑑賞である。あらかじめ日本から朝一の時間を予約して行ったので、すんなり入場できた。

 この有名極まりない名作は、写真や複製で何度も目にしてきたのだが、いざ実物を目にすると、その圧倒的な迫力に言葉を失うばかりである。ちょうど修復を終えたばかりで、往時の輝きにだいぶ近づいていたというその痛みやすいフレスコ画を保護するため、鑑賞時間はわずか15分に限られているのだが、それでもこの圧倒的な芸術作品の印象は強烈であった。やはりレオナルドは天才である。描かれている人物の中にマグダラのマリアがまぎれていようといまいと、この作品の持つすさまじいまでの力はゆるぎない。

 15分があっという間に経過し、約款に基づき強制退場となった私は、今度はブレラ絵画館へ向かった。主に初期ルネサンスの名画を集めたこの美術館で、私は心行くまで数々の名作を鑑賞していたのだが、一枚の絵の前で足が止まった。その絵は、「ろうそくの聖母」という絵だったのだが、この絵に描かれている聖母マリアが、あろうことか当時私がかなわぬ思いを寄せていた女性にどこか似ていたのだ。

 一瞬、心奪われた私ではあったが、いつまでもそんな中二めいた感傷に浸れるほどには幼くない、と正気に戻り、気を取り直して次の作品へと歩みを進めた。

 このようにしてたっぷりと名作の数々を鑑賞し終え時には、ちょうど時刻は昼食時であったので、私はミラノに着たからには食べねば、と思っていたコットレッタ・ミラネーゼ(ミラノ風カツレツ)とリゾット・ミラネーゼ(ミラノ風リゾット)を食べるべく、地球の歩き方を参考に手ごろなトラットリアを探すことにした。

 しかし、観光客のくせになるべく観光客のいない店を、などという無茶な条件で店を探していたためか、なかなかそのような典型的観光客向け料理がある店がない。ようやくコットレッタ・ミラネーゼの食べられる店を見つけたのでそこで昼食をとった。コットレッタ・ミラネーゼは、もちろん十分おいしかったのだが、日本でもおなじみであり、かつ、日本の食材で十分おいしく作ることができるせいか、意外なことに本場で食べたそれは、わたしがかつて日本で食べたそれと大差がないように感じられた。

 (続く)
スポンサーサイト

コメント

 「名物にうまいものなし」とも言われますね。日本人コックが器用なのか、日本で食べた方がおいしく感じられることは多々ありますよ。

  • 2006/11/16(木) 11:40:42 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

懐かしいですね。

あの女のことですか(笑)・・・・・・似てますかね?「ろうそくの聖母」に。
まあ僕は女も「聖母」も写真でしか見たことがないので。
きっと今頃は・・・・・と、これ以上書くと書込み禁止になりそうなので(笑)。

ところで、先日中華街の某老舗に行きましたが、香港の本店に行った人によると『本店より美味い!』とのこと。
きっと世界一厳しい日本の消費者のおかげですね。
日本万歳!

  • 2006/11/16(木) 17:15:14 |
  • URL |
  • Miles #-
  • [ 編集]

>gramophonさん

そうなんですよね。
「本場」に対する期待が大きすぎたのかもしれません。

>Miles的・・・さん
実物だと似てるんですよ。
手が届きそうもない感じとか(苦笑)。

中華街の某老舗、固有名詞情報希望です。

  • 2006/11/16(木) 20:51:35 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/233-93158ee1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。