趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドリブアイリッシュシチュー、あるいは緊急避難

 通販でワインを買った。

 イタリア南部、ナポリを擁するカンパーニア州の老舗名門ワイナリー、マストロペラルディーノ社の製品で、ギリシア人が入植の際に持ち込んで以来2,800年の伝統を誇る土着のぶどうで作ったという一品である。

 私はこれにラムステーキを合わせようと思った。
 イタリア中南部のやり方で、塩、胡椒、オリーヴオイル、レモン汁でシンプルに焼き上げ、素材本来の味を生かすやり方により、手軽でおいしく、特にローマ以南のパワフルなイタリア赤ワインにはぴったりのメニューである。

 仕事帰りにラム肉を調達し、料理の前にまずはテイスティング、と抜栓する。

 しかし、ワインがボトルから流れ出てきたそのとき、私に衝撃が走った。

 何と、白ワインだったのである!

 これは由々しき事態だ。ラム肉に白ワインを合わせねばならなくなってしまったのである。ラム肉といえば、典型的な赤ワイン向けの食材。これに白ワインを合わせよ、という無理難題に直面することになったのだ。

 とりあえず落ち着こう、と、私はまず注いだワインをテイスティングしてみた。南イタリアの強烈な日に焼かれて育った土着品種だけあって、白であってもパンチ力のある、コクのある味わいだ。これなら工夫次第で何とかなるかもしれない。そんな希望を抱かせてくれた。

 残りの一口を口に含んだ瞬間、ひらめいた。
 アイリッシュシチューだ、これしかない!と。

 アイリッシュシチューは、ラム肉、ジャガイモ、たまねぎ、にんにくなどを塩コショウでゆでた料理で、アイルランドの定番家庭料理である。

 緊急事態とて、たまねぎもジャガイモもにんにくもなかったのだが、ローリエがあったので、ラムチョップにローリエを塩コショウでゆでる。

 ごくごく弱火でことこと煮込むことおよそ20分。
 ラムチョップはあまり煮込むと硬くなるので、本格的に事子と煮込むことは避け、早めに切り上げる。
 それでも骨付き肉からのダシはたっぷり出ていて、とてもおいしいラム風味のスープに、しっとり茹で上がったラムチョップがいい感じにマッチした。

 煮込む間に冷やした白ワインはこれまたいい感じに冷やされ、さっぱりと茹で上げたラム肉~それでもラムだけあってなかなかに濃厚ではあるのだが~と組み合わせても、決して負けることはなかった。むしろ、ゆでられてマイルドになったラムの風味と寄り添いあって、悪くない組み合わせになったと感じられた。

 緊急避難ではあったが、ひょうたんから駒的な成功を得ることが出来たと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/274-8a2aa786

アイリッシュシチューアイリッシュシチュー(英:Irish stew)はアイルランドの料理である。角切りのヒツジ|ラム(もしくはマトン)、輪切りのタマネギ|玉ねぎ、ジャガイモ|じゃがいも、香辛料としてタイム (植物)|タイム、パセリ 、塩胡椒とスープストックで煮たシチュー。

  • 2007/09/13(木) 22:11:37 |
  • レピシ通りにうまくいかない
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。