趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしい水

 一年ほど前にも水の話を書いたことがあったが、そこでも書いたように、天然炭酸ミネラルウォーターは日本人には人気がない。
 
 きっと、一般的に硬度が高く、水といえばまず軟水しか湧いていない日本人には慣れない味だからであろう。

 硬度の高い水は、食事の友とすると料理に負けない味でよいという旨を以前の記事に書いたのだが、確かに硬水はのどを潤す目的で飲むのは少々つらいものがある。

 しかし、ふと買ってみた「バドワ」というフランスの天然炭酸水は、苦味、酸味、甘み、炭酸の刺激のバランスが非常に良く、純粋に飲み物としてもとてもおいしく飲めた。しかも、料理に合わせても良好という万能の水だ。

 こんなにおいしい水があったとは知らなかったが、本当においしい水だった。

 惜しむらくはその値段が非常に高いことである。500ccのボトルで、何と420円。ビールより高い。

 たまの贅沢、という感じになってしまうが、それでもこの水はたまには飲みたいと思う。
スポンサーサイト

コメント

私も初めてAcqua minerale gassata飲んだ時は、ひどく抵抗感がありましたが、やがて大好きになりました<ゴルゴンゾラと同じ
発泡酒より、よほど味わいあると思います。

硬水といえば、イタリアの水道水でハードコンタクトレンズを洗っていたら、石灰をこびりつかせてしまうという失敗したことがあります。

  • 2007/01/20(土) 17:54:34 |
  • URL |
  • なつ #3ItBdoaY
  • [ 編集]

 ゴルゴンゾーラにせよ、aqua minerale gassataにせよ、最初に抵抗を感じたものほど、やがて好きになるとその愛情が深まりますよね。

 私も今では、ワインを味わうときはサン・ペレグリーノは欠かせません。近所の成城石井で、500cc95円で購入できるのは、本当にありがたいことだと思っています。

  • 2007/01/20(土) 18:31:01 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/275-59f50d94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。