趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂き物の白ワイン

 かなり親しくさせていただいている現・職場のひとつ上の年次の先輩から、白ワインを頂いた。

 なんでも、きわめて異例のカリフォルニア出張があったそうで、お土産にカリフォルニアワインを買ってきてくださったという次第である。

 この先輩は人格者という言葉にまさにふさわしい人で、彼の下について仕事が出来るときは非常に円滑で、まさしく尊敬に値する人物と思っている。

 そんな先輩から頂いた白ワインであるからには、頂いたこちらとしてもマリアージュさせる食材は十分に吟味して、十二分に味わわせていただかねばなるまい。

 エティケットにはシャルドネ100%と書かれており、ボトルはブルゴーニュ式のなで肩。おそらくシャブリ系の味作りであろう。裏側の説明文によれば、レモンのようなシトラス香と蜂蜜の風味、後味にかすかなミネラルの味わいが残るという。

 これに何を合わせるべきか。
 私は普段飲むワインは圧倒的に赤が多く、白ワインに対するなじみは希薄である。そんな圧倒的な経験不足で、何とかマリアージュの組み立てを考えてみる。

 香りがレモン系ならば、レモンの香りとは相性がよいだろう。白ならさっぱりした味わいの料理が合うはずなので、野菜中心の組み立てで行こう。このような基本戦略に基づき、スーパーに食材調達へ。

 いろいろ吟味の結果、キャベツ・トマト・白ソーセージ、1センチ角に切られたグラナ・パダーノチーズのサラダを作り、レモン汁、オリーヴオイル、塩、胡椒で味わうことにした。

 キャベツをスライサーで千切りにし、湯むきしたトマトをざく切りにして千切りキャベツの上に散らし、ゆでたアンティエのレモングラスソーセージを乗せる。これを上記の自家製ドレッシングで味わう。

 抜栓してテイスティングしてみると、やはり予想通りの味わいで、これならばきっと相性が良いであろう。そんな期待のもと、味わってみた結果、やはり相性最高で、かの人格者の先輩から頂いた白ワインにふさわしいバランスの良い味わいを十二分に楽しむことが出来た。

 私は一度に飲む量はワインならボトル半分なので、残りは保存して翌日に繰り越す。

 残りを味わうに際しては、キャベツとトマトとレモンが余っているので、これを生かす方向で組み立てたい。

 またスーパーに食材調達にいった結果、今度はモッツァレッラ・ブッファラと白アスパラガスを加えたサラダにすることにした。

 モッツァレッラ・ブッファラの滋味あふれる味わいに、初物の白アスパラガスのジューシーな味わいが、レモン汁のキレに助けられて良く引き立つ。ワインとの相性も、昨日のラインナップ以上に良好だ。

 二日とも、わざわざお土産を買ってきてくださった先輩の気持ちに応えるにふさわしく、十二分に味わうことが出来たと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/300-3ff2d667

○デリカート シャルドネ カリフォルニア

またまた購入してしまいました。家で飲むワインの90%はこれです。品質も均一で心配ありません。辛口好みに方に試してみてもらいたいです。以前止まったホテルで飲んだワインがあったので、購入しました。やはり、美味しいです。夏に向けて、冷やして飲む。前に頼んで、美味

  • 2007/09/19(水) 16:49:59 |
  • カリフォルニアがすごくよかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。