趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マトンのミートボールのトマトシチュー、アラビアータ風

 ラムのすね肉と一緒に、マトンのひき肉を購入した。
 さて、何に料理しようかと思案した結果、ひき肉ならばミートボールか、と、ミートボールを作ることに決定。

 トマトソースにスペイン産と言う唐辛子の塩ゆでの瓶詰を加え、アラビアータ風にしてみることにした。

 ミートボールだけでは何なので、ちょうどおいしい季節を迎えつつある茄子とズッキーニを一緒に入れる。

 まずはナスとズッキーニをざく切にしてオリーヴオイルを吸わせ、軽く塩で味付け。
 一旦キッチンペーパーに空けて余計な油を吸わせる。
 
 その間に、クミンをたっぷりに胡椒少々で香りづけし、少しづつ塩を加えながら耳たぶ程度になるまでひき肉をこねる。
 硬さがいい感じになったところで、小分けにして空気を抜き、ミートボールを成形する。

 フライパンに再度オリーヴオイルを多めにとり、熱くなった所にミートボールを投入して、半ば焼き半ば上げるといった感じに表面を固め、肉汁の退路を断つ。これで肉のうま味は袋のネズミだ。

 肉汁包囲網の完成後、いったんミートボールをフライパンから引き上げ、余った油を捨てる。さっきのズッキーニと茄子を投入し、さらにカットトマトの缶詰、ワイン少々、ローリエに例の唐辛子を投入し、ひと煮立ちしたらミートボールを加えて弱火でじっくり煮る。

 とはいっても、おとといのすね肉とはちがって余り超時間の煮込みに耐えられる食材でもないので、ミートボールに火が通り、カットトマトが良い感じに煮溶けてきたところで出来上がり。

 狙い通り、トマトのさわやかな酸味、奥深いうまみに唐辛子のシャープな辛みが組み合わさり、アラビアータ風の立体的な味わいを楽しむことができた。

 残り半分は明日また味わうつもりだが、今から明日の夕食が楽しみになってきた(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/363-047340a8

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/13(土) 16:21:57 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/18(木) 13:15:24 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/18(木) 13:15:30 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/21(日) 23:07:04 |

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/24(水) 12:44:59 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。