趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港区縦断

 久しぶりに会った友人と、港区を縦断してきた。

 まずは彼女のお勧めの更科堀井で蕎麦を食す。

 夏のそばは犬も食わぬ、という言葉は、南半球からの輸入物の新しいソバ粉が夏にも手に入るようになった今では、必ずしも妥当しないようで、事実今日食べたそばも十分に香り高く、老舗の看板に恥じぬ大変美味なものであった。

 ひと掴みすすると、そばの香りがしっかりと鼻へ抜ける。
 極力かまずに飲み込むと、しっかりとした弾力あるのど越しが心地よい。

 かきあげのさっくり感も、タネのえびのぷりぷり感も、申し分ない。久しぶりにおいしいソバを味わうことができた。

 次に私のお勧めの、おなじみ浪花家のかき氷を味わう。
 暑さの程度が実にちょうど良い感じであったので、簾で日光を遮ったオープンエアのテラス席に陣取り、自然の風を体に受けながら、あの淡雪のようなかき氷の食感を楽しむ。

 おそらく日本の昔ながらの夏の機構というのはちょうど今日くらいだったのであろう。今の温暖化した夏の盛りの猛暑では、外の席でかき氷を味わおうとしても、過度の熱気が見る間に氷を溶かし、それを許してはくれないが、9月も半ばになってようやく昔の八月の暑さのピークのレヴェルまで暑さが緩んできたのか、気温によってかき氷のとかされるスピードも節度あるもので、肌に感じる暑さとの対比を一層深く味わいながらかき氷を堪能することができた。何事も過ぎたるは、というものである。

 町中あちこちの軒先につるされた風鈴の音の涼やかさも、こうしてじっくり耳にすると本当に清涼感を感じるものだ。やはりこの界隈には、江戸以来の日本の文化が強く息づいている気がする。それはかつての浪花家のあの明治末期の風情豊かな木造建築がついに寿命を迎え、きれいなビルに建て替えられてしまった今も変わらず息づいているのだ。

 食後、日影をたどって太陽に導かれるまま散歩に出てみることにする。

 麻布で日影と言えば、何をおいても暗闇坂であろう。
 暗闇坂を上り、見るたびに奇妙な感覚に陥るウェストのくびれた高層マンションに目を奪われつつ日陰の続くまま歩いていくと、心地よいこんもりとした緑地にたどり着く。有栖川公園である。

 この公園は背の高い木々が高密度に植えられていて、非常に心地よい空間ができている。私は、こうした背が高く豊かに葉をつけた気にぐるりと囲まれた空間にいると、何か守られているような、えもいわれぬ安らぎと心地よさを感じるのだが、この公園は特にその感覚を強く感じた。

 有栖川公園を突っ切っていくと、出たところには近隣の大使館の職員向けに外国の食材を多数取り揃えた店があった。ここはチキン丸々一羽や牛肉ひとかたまりといった具合にいかにもアメリカンでダイナミックな売り方をしているのが印象的だ。その向かいのセガフレードで、エスプレッソを飲みながら一休み。
 
 その後、この界隈に詳しい彼女のナヴィゲーションに従って、白金をかすめて恵比寿に出、湘南新宿ラインで横浜へ。

 たまには横浜を離れ、普段行かない街を散歩するのも楽しいものである。特に、いつものように一人でではなく、今日のように半年ぶりに合う友人と一緒二だったりすると、なおさらというものである。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/364-f2ab75bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。