趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5000年物ビール??

 京都大学と早稲田大学が共同研究で5000年前のエジプトで育てられていた麦を復元し、それでビールを作って売り出したのだという。

 6本単位での纏め売りしかしていないのでちょっと躊躇したが、ヒエログリフまで勉強した歴史好きとしては、これを飲まないことは許されない(笑)。

 というわけで、ひとケース6本入りを購入した。

 早速飲んでみると……

 ごく普通の、ちょっと薄味のビールだった。
 少々拍子抜けの感が否めない。

 もう一種類の、古代にも香りづけにつかわれていたというハーブを入れた方を飲んでみる。

 こちらはなかなかに香り高く、面白い味だった。

 本物の古代エジプトでは、水に浸したパンを素焼きの壺に入れて、自然酵母で発酵させ、濁り酒にして、フィルター付きのストローで澱を濾しながら飲んでいたらしい。

 これがいったいどのような味なのか、興味は尽きないが、よく伝統文化を残した少数民族の生活を伝える番組などで、似たような酒を目にすることはままある。きっと、その源流のようなものだったのであろう。

 まあ、気分だけでも5000年前に思いをはせる、というも悪くないものである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/368-8cd6c90a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。