趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長にフォーレ

 すっかり秋らしい陽気になった。

 秋の夜長と言えば、芸術の秋、音楽の秋。
 音楽鑑賞にはうってつけの季節であろう。

 秋の夜長に聴きたくなる音楽、というと、どうしても短調の墓投げ、悲しげなメロディが恋しくなる。それも、高音域よりも中低音域を中心とした音楽が心地よく感じられる。

 今夜はフォーレのチェロ作品集を聴いた。
 正直、あまり集中して聴いたことのない作曲家だったのだが、改めてじっくり聴いてみると、フランスらしい洗練された曲調に、ブラームス風の古典的均整とメランコリアが良い感じに混ざり合い、大変心地よく味わうことができた。

 チェロという楽器は本当によく歌う楽器で、19世紀末のエラールの響きとガット弦のチェロが絶妙の掛け合いと溶け合いを繰り広げてくれる。

 じっくりと赤ワインでもすすりながら聴いていると、本当に気持ちが良い。

 洗練、という言葉をかみしめるように味わえるなかなかの佳品であった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/374-03904ee1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。