趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松やに風味のギリシアワイン、レッツィーナ

 例年、この時期になるとローマ人の物語の新刊が待ち遠しくなったものだったが、昨年めでたく完結したため、今年はその楽しみはない。

 その代り、と言うわけでもないのだが、塩野氏の別の著作に出てきた、松やにの香りをつけたというギリシアの伝統的白ワインを味わってみようと思い、通販で購入した。

 レッツィーナと言うこの白ワインは、グラスに注いで香りをかぐと、確かに、松やにの香りがする。さぞやパンチの利いた味かと思いきや、口に含んでみると、意外に軽やかでさわやか。酸味と甘みのバランスも良く、すっきりした味わいで、松やにの香りがちょうどよいアクセントになっている。

 フェタチーズを買ってきてギリシア風サラダを作って合わせたが、なかなか相性が良い。とくに、フェタチーズのピリピリした味わいと、このすっきりした味、そして松やにの香りに、ドレッシングにかけたオリーヴオイルの香り(ギリシア産ではなくトスカーナ産と言うのが画竜点睛を欠くのだが)が大変相性が良かった。

 今度は残り半分を以前TVで見たギリシアの家庭料理を、かすかな記憶を頼りに作って合わせてみようと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/390-2369a2fa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。