趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉を訪ねて三千米(以上)

 ここのところ、プライヴェートで物事があまり円滑に流れていない。

 こういうときは肉をたらふく食べてせめて精神的には余裕を持とう、と言うことで、ステーキを焼いて食べることにした。

 私は体脂肪率の極めて低い、純粋な赤身肉を、表面を焼き固めて中が人肌程度に温まったくらいのごくレアなステーキにして味わうのが好きなので、必然的にステーキ肉となれば、オーストラリア産の極めて筋肉質な赤身肉となるのである。

 身近なところでは、横浜駅地下の東急ストアがそのような素晴らしいオージービーフを扱っているので、ステーキを焼こうというときはいつもここで肉を買っている。

 ところが、この日に限って、ステーキ用のオージービーフは売り切れの模様。
 仕方がないので、肉を訪ねて三千米以上の旅に出た。

 まずは横浜ルミネ地下の成城石井に行ってみる。

 ……国産の脂肪たっぷり系の肉ばかりだ。残念。

 次に、クイーンズ伊勢丹。

 ……ここも霜降り系ばかり。

 オージービーフはどちらかとういうとリーズナブル系なので、こういう高級スーパー系には逆にないのかも、と思い、ダイエーに行ってみる。

 ……国産霜降り系に比べれば筋肉質ではあるが、それでもオージーに比べるとちょっとおデブな米国産どまりだ。うむむ。

 かなり遠回りになるが、家の近所のスーパートップスに行ってみる。

 ……ここにもない!!

 最後の砦、そのすぐ近くのスーパータイセーに行ってみる。

 ……タイセーよ、お前もか!!

 こうなればもう意地である。

 当日の料理はあきらめ、翌日に持ち越す覚悟を決める。

 そして翌日、最後の切り札、元町ユニオンへ。

 散歩を兼ねて、なので、歩いた距離は片道5キロくらいに及ぶだろうか。

 …… Est! Est! Est!! (あった!あった!あった!!)

 こうして肉を訪ねて三千米以上の長い旅が完結したのだった(苦笑)。

 ちなみに、合わせたワインは当然ながらフルボディの赤であって、白ワインのEst Est Estではないことは言うまでもない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/393-a3c47db0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。