趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新橋駅前のストリートジャズライヴ

 私の職場は虎ノ門にあり、いつも新橋駅で乗り降りしている。
 
 新橋駅前のSL広場ではしばしばストリートミュージシャンが演奏しているのだが、最近はなぜか、ジャズをやっているミュージシャンが多いようである。SL広場は三方をビルに囲まれ、音が反射してよく響くようで、野外であるにもかかわらず厚みのある音が響くのもジャズ向きなのかもしれない。
 
 ジャズミュージシャンが演奏している夜はついつい足を止めて聴き入ってしまう。今夜のストリートライヴはts/as/tp/dr/bという3管構成のクインテットで、とてもストリートライヴとは思えないような豪華さだった。
 この3管構成というと私は真っ先にジャズメッセンジャーズを思い出すのだが、実際、トランペットのスタイルもぱきぱきした音色でバリバリと吹きまくるリー・モーガン風であった。

 最初は定石どおり、3人のブラス奏者が交代でアドリブソロを展開するスタイルで演奏していたのだが、あるときから3人が3すくみ丁々発止と掛け合いを始め、大変スリリングな展開を見せてくれた。3人がそれぞれ激しく主張をぶつけ、さらにその裏ではドラムとベースがリズムにフェイントを入れたり不意打ちのような一瞬の加速・減速をねじ込んでみたりといろいろな悪さをしていて、それがまた3人をあおるのである。

 ストリートでこんなスリリングな演奏にめぐり合えるとは、なんともラッキーな夜であった。
スポンサーサイト

コメント

SL=Street Liveである。

というのは冗談である。
やはりジャズはオヤジの音楽か・・・と四捨五入で30な年頃になって実感かも。

JMといえばABさんですね。モブレー、シルヴァー、クリフォード、モーガンにショーターなどなど。合間にマイルスの『サム・エル』にも参加。朝娘の如き入替術はさながらモダンジャズ界の『つんく』でせうか?
(注)私的な妄想なので怒らないでね(特にこばさん)

追伸 ロリンズ存命中との噂が・・・

  • 2005/05/19(木) 03:18:50 |
  • URL |
  • Miles的...(以下略) #-
  • [ 編集]

ある意味真実かも

「朝娘のごとき入れ替え術」は言い得て妙かもしれませんね。
本人は実はあんまり前面に出ていないのにやたら存在感がある辺りも共通しているかも??

  • 2005/05/20(金) 23:32:12 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/4-0a298abf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。