趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサミコといちぢく

 さて、ようやく暖かい環境でまとめ買いしたアイスクリームを味わった。

 まずは、一番気になっていた、バルサミコといちぢくのアイスクリームから。

 バルサミコと言うと、オリーヴオイルとともに野菜にかけて最高のドレッシングとなる印象が強いのだが、良質のバルサミコは、アイスクリームやヨーグルトにひとたらししてその芳香と甘みのハーモニーを味わうのが最良の味わい方なのだそうである。
 おそらく、長年の熟成で産の鋭さが丸くなり、あのブドウの熟成した独特の深みのある華やかな香りが一層豊かになっているのだろう。

 さて、まずは一口口に含む。

 もちろん、酢酸のツンとする刺激などは全く感じさせないのだが、思い描いていたような芳醇な香り、と言う感じではない。むしろ、そこはかとないさりげない香りで、口の中でアイスクリームをゆったりと溶かしながら味わうにつれ、のどの奥から鼻腔をふわりとくすぐるような繊細な香りであった。

 しかし、この香り、ないしは残り香と、いちぢくの濃厚な味わい、アイスクリームの豊かなコクが一つに溶け合って、大変バランスが良い。突き抜ける華やかさはないのだが、しみじみとおいしさに感じ入るような味わいだ。例えるならばモーツァルトのヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲のような味わいとでもいえるだろうか。

 二時間寒空の下を探したのは、無駄足ではなかったようだ。
スポンサーサイト

コメント

バルサミコ

4年前だったか現地のバルサミコ工場を訪ねたことがあります。開放木樽で12年も醗酵熟成させたものは、通常スーパーで目にする物と全く別物で小さなプラスチック・スプーンで試食しました。現地でも1瓶1万円位しましたが、それだけでソースになる逸品でした。

  • 2008/02/01(金) 15:06:48 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

ほう、それはうらやましい。
私はまだ6年熟成の安物(と言っても普通の酢に比べたら非常に高級品と言えるのでしょうが…)しか味わったことはありません。それゆえ、「とてもおいしいドレッシングの片割れ」と言うイメージしかないのですが……。

長期熟成のバルサミコ、私もいつかは味わってみたいものです。

  • 2008/02/02(土) 22:07:37 |
  • URL |
  • Tiberius+Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/408-23c9a9f1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。