趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無農薬レモンの味わい

 職場の同僚から、実家の家庭果樹園でとれたという、完全無農薬国産レモンを一つ頂戴した。

 早速、この素材の味わいを生かす方法を考えた。

 まず半分は、スクィーザーで絞ってサンペレグリーノで割ってみる。
 しぼりたてならではの香りのよさを生かしつつ、もともとマイルドな酸味がサンペレグリーノのミネラルの重みと炭酸の軽さの同居した味わいに混ざり合い、うまくバランスしてなかなか面白い味わいになった。
 もう少し甘みがあっても良かったかもしれないが、ノンアルコールアペリティフと考えれば、このくらいでちょうど良いとも思われたので、あえて砂糖は加えなかった。

 残り半分のうちの半分、全体の四分の一は、塩ゆでアスパラガスにしぼりかけてみた。
 これも決して悪くはなかったものの、うまくハーモニーが響くというところまでは至らなかった。
 おそらく塩ゆでではなく衣をつけてオリーヴオイルでフライにでもしたら、素晴らしいハーモニーを奏でてくれたかもしれなかったが、まあ1+1=2という結果だったのでよしとしよう。

 最後に、残りの四分の一は、鶏の腿肉と長ネギで塩ねぎま串を作り、それに搾りかけた。
 これはさすがに定番の組み合わせだけあって、大成功。純正律のドミソの和音のように完璧なハーモニーを奏でてくれた。

 やはり定番の組み合わせは古典的な均整がとれているものなのかもしれない、と、改めて実感した瞬間であった。

080308_2109~01
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/424-34fc591e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。