趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度はヴァイオリン アンプ試聴記 3

 今日はガッティのヴァイオリンを聴いた。
 コレッリのソロ・ソナタに、トリオソナタである。

 ガッティの紡ぎだす、水気にあふれたヴァイオリンの音色が、また一段繊細さを増している。
 そして何度聞いてもすごいのが、解像度の緻密さだ。

 腕の動き、弓の動き、ヴァイオリンの胴の方向の揺らぎなど、ありありと見えてくる。

 お気に入りのCDをじっくり聴き返したくなるアンプであった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/435-a942e2c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。