趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 夏は夜 月のころはさらなり、やみもなほ、 ほたるの多く飛びちがひたる また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて 行くもをかし

-清少納言「枕草子」


 三渓園で蛍を鑑賞するイヴェントをやっていて、初めて蛍の光のいかなるものかを目の当たりにしてきた。

 これが、思いのほか明るく輝く。確かに何匹か捕まえたら勉強もできそうだ(笑)

 ちょっと緑がかった、文字通りの「蛍光」色で、それがゆらりゆらり、ふわりふわりと闇の中を飛び交うのである。

 これは美しい。

 こういう風情のある虫がたくさん飛び交っていた日本ならばこそ、ああいう伝統文化が生まれたのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

確か、蛍は雄が上空を飛んで、地面で光る相手の雌を探すんだったと思います。

日本の田舎の田圃も綺麗ですが、以前、トスカーナの麦畑で見た、蛍の乱舞は忘れられません。

  • 2008/06/17(火) 14:28:12 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

蛍ってイタリアにもいるんですね!

トスカーナの麦畑で蛍の乱舞……
私もぜひ見てみたいです!

  • 2008/06/19(木) 00:55:45 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/454-2204a32c

【枕草子】についての検索結果をリンク集にして…

枕草子 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…

  • 2008/06/17(火) 14:24:45 |
  • あらかじめサーチ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。