趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ad hoc optimus est ~ 迷宮的旅行記第7章(6)

 テルミニ駅で荷物を受け取り、ナポリへ向かう。

 ネット予約でチケットレスに予約しておいたナポリ行の電車は、掲示板の表示によれば、9番線に来ているはずである。
 しかし、いざ9番線に着てみると、そこには一本前の「トリエステ行き」の表示が。

 状況を把握するために駅員を探し、訪ねてみるのだが、要領を得ない。
 別の駅員に尋ねると、「入口の大きな掲示板を見ろ」との回答。
 入口に戻ってもう一度掲示板を見てみると…なんと、いつの間にやら到着予定の番線が変更されているではないか!

 あわてて変更された番線に急行するも、やんぬるかな、電車は行ってしまった。

 母はイタリアは初めてなので、顔面蒼白状態であったのだが、こんなことイタリアでは当たり前の出来事である。私は悠揚と切符売場に向かい、ゴネてなんとかするというイタリアの鉄則を実践しにかかる(苦笑)。

 切符売場には大行列ができていて、並んでいるだけでかなりの時間がかかったのであるが、イタリアを楽しむには時間感覚を現地に合わせるのも必要である。日本的な、ある種非人間的あわただしさから逃れる意味でも、そう悪いものでもないと、おうし座らしく気の長い私は思う。

 令によって、10を超える窓口のうち空いているのは二つだけ、という、典型的なイタリアの窓口(苦笑)に忍耐強く並び、ようやく順番がきた。イタリアでクレームをつける鉄則は、最初は冷静にイタリア語で話しかけ、言葉は通じると言う印象を与えたのち、とにかく大変なんだと訴え、悪いのはそっちだと言うスタンスをはっきり打ち出しつつ、最後にはイタリア人のような大げさな身振りをつけながら日本語でまくしたてれば、イタリア語で話せばとりあえず通じると考えた担当者が面倒になってこちらの言い分を受け入れてくれるものである。

 並んでいる間に、演説の草稿を頭の中で練っていたのだが、バウチャーを見た担当者は、「予約は無効になったけど、乗車券としては有効だから、次のICに乗れるよ」と教えてくれた。

 言われるまま次のICに乗ったところ、結局当初の予定より1時間遅れただけでナポリにたどり着くことができた。

 ナポリ駅につくと、まずはタクシーに乗り、ホテルへ向かう。

 ナポリ名物の強烈なタクシーの洗礼を受けた母は、「なんて運転が荒いの!!」とあきれていたのだが、甘い甘い、夜になって車の少なくなった道路を通ってこんな感想を言うようでは、昼のナポリのカオスっぷりにはついていけまい(笑)。

 ホテルに荷物を置いて、ナポリ名物のピッツァを味わいに行く。
 ナポリの夜道には少々不安がないでもなかったが、広い道を選んで行ったので、カモッラ風のコワモテに出くわすこともなく、安全にピッツァ店にたどり着けた。

 ピッツァは、定番のマルゲリータと、キノコとサルシッチャ(ソーセージ)入りマリナーラを注文。マルゲリータは、ナポリならではの新鮮この上ない鮮烈な味わいのモッツァレッラに、パワフルなトマトの酸味が素晴らしい。マリナーラも、サルシッチャがぷりぷりで、非常に美味。

 地元の人はコーラを合わせるのが定番のようであるが、我々はビールを合わせた。ピッツァには、ワインよりビールの方が合う。Nostra Azzulaというイタリア産ビールが出てきたのだが、これが薄味でアルコール度数が若干高く、そこそこ湿度の高いナポリの暑さの中では非常に心地よい味わいなのである。ピッツァの味わいにも、切れの強さゆえか、非常に良く合う。

 翌朝、朝1でカプリ島に渡る。
 ホテルで朝食をとっていては間に合わないので、朝食はカプリのバールで取るつもりで水中翼船に乗りこむ。到着すると、まだ青の洞窟行きの船の切符売場が空いていないので、港の前のバールでイタリア式にカップチーノだけの朝食を取り、オープンを待つ。

 シャッターが開いたのでいざ青の洞窟へ向かおうとすると……「満潮のため、本日休業」との表示であった(死)。

 母が「じゃあ、もうカプリにいてもしょうがない。代わりにポンペイに行きたい」というので、大急ぎでナポリにとんぼ返りする。(続く)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/468-29fc6f2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。