趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜しい!

大手町から丸の内にかけて、牛のオブジェが町のあちこちに飾られている。

何となく遊び心の利いた感じで、重苦しいオフィス街が少し軽やかになる感じでなかなか楽しい。

そして、牛と言えば、株価上昇!

値上がり相場のことを、英語でbullといい、天に向かって生える雄牛の角のように株が上がるというのが語源だとか。

お陰で今日は日経平均が400円以上の値上がり!!


……と思いきや、この牛たちはcow、すなわち乳牛だそうで、去勢していない雄の肉牛であるbullではなかった。

惜しい(笑)!
スポンサーサイト

コメント

>大手町から丸の内にかけて、牛のオブジェが町のあちこちに飾られている。

それは、何か由来があっての「牛」なのでしょうか??
私は八重洲地下街のイノシシの像を「干支?」と思っていたのですが(初めて見つけた時、亥年だったのです)、あれはウフィッツィのギャラリーのイノシシ像のレプリカだそうで。
フィレンツェと八重洲地下街と何か関係あるのでしょうかねえ。

  • 2008/09/09(火) 16:33:33 |
  • URL |
  • なつ #3ItBdoaY
  • [ 編集]

>なつさん

 どういう由来なのかはよく分からないのですが、このイヴェントを考えたのがオランダ人のアーティストらしいので、オランダで身近な乳牛を選んだのではないかと言う気がしています。

 八重洲地下街のイノシシも、確かに不思議ですね。

  • 2008/09/10(水) 01:42:51 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

あちこちの牛見ましたよ♪
ベルリンの熊オブジェ(バディーベアー)と一緒で、アーティストが好き勝手に色を塗ってるのが楽しいですね。
株価急落。リーマンの破綻余波でたいへんなことになりました。

  • 2008/09/17(水) 11:45:37 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

gramophonさんもご覧になりましたか。

一つ一つの牛に個性があって、見ていて飽きませんよね。

思うに、街角にぽこっと置いてあるのがいいんだと思います。

株は……
しばらくはリーマンの喪に服することでしょう(慟哭)

  • 2008/09/19(金) 01:04:44 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/484-3f828682
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。