趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Viva You Tube!

 前にも一度記事を書いたことがあるが、私がこよなく愛する作品、J.C.F.フィッシャーの「パッサカリア」の演奏動画が、You Tubeにアップされていた。

http://jp.youtube.com/watch?v=NwZIKUNpHU0

 こんな作品の演奏画像まで出てきてしまうとは、You Tube、恐るべしである。

 チェンバロソロのための組曲集「音楽のパルナッスス」の中の「ウラニア」組曲の宗教を飾るのが子のパッサカリアであるが、私にはこの曲には何かこう、人生のありのままを丸ごと受け入れる悟りのような、えもいわれぬしみじみと味わい深い雰囲気があるように感じられるのである。

 この演奏は、テクニック的には完璧とは言い難いものの、息使いがなかなか心地よく、しばしば見える演奏のあらも、この曲の人生をありのままに受け入れる雰囲気にとってはある意味絶妙のスパイスとなっているような気もする。

 私はこの曲を愛するあまり、録音を見つけては片っ端から買い集めるようになり、今手元にはCDで12種類の録音がある。当然、今回貼り付けた演奏は除いて、である。

 以前、モーツァルトのフォルテピアノ協奏曲のレヴューを書いた時のように、また全曲比較レヴューでも書いてみようかと思う。

 まぁ、それだけたくさんの種類の演奏が録音されるというのも、人生いろいろというこの作品の雰囲気のなせる技なのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/487-af6f4130
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。