趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苺の改心

不幸な恋愛を精算し、新たな恋人と幸せをつかむ。
まさにそのようなことがセヴンイレヴンのアイスクリーム売り場で起こった。

あの苺を含むアイスクリームである。

アイスクリームのリニューアルに伴い、ここ数ヶ月間私を楽しませてくれていたチョコミントアイスが姿を消し、しばらくアイスクリーム売り場と疎遠になっていたため気づかなかったのだが、いつの間にかあの「苺豆乳アイス」が「苺牛乳アイス」に変わっていたのだ。

早速味見である。
美味い。つくづく美味い。
苺の香りと豆乳の香りの混合は中世の音楽家が忌み嫌った「ヴォルフ(狼)」の不協和音のような地獄の木魂を轟かせていたが、いまや苺の香りとミルクの香りが純正律の三度の協和音のように美しいハーモニーを奏でている。
これこそアイスクリームのあるべき姿である。
苺とミルクは、ワインとチーズ、ペネロペとオデュッセウスに匹敵する永遠の組み合わせなのだ。

地上のあらゆる果物の中で私が最も愛する苺が豆乳との不幸な関係を清算してくれた事が私はとにかく嬉しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/50-c3206250
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。