趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドクリフ

 話題の映画「レッドクリフ」を観た。

 ストーリーはおなじみ三国志の「赤壁の戦い」前哨戦を描いたものであるが、これが非常によくできた映画である。

 何が素晴らしいかといって、何と言っても白兵戦の描き方がすごいのだ。

 通常、こういう映画では、白兵戦において決定的に重要な陣形の維持と突破、というものが描き切れず、結局兵士たちが肉弾戦を繰り広げる局地的な映像に終始してしまうことが多い。

 しかし、この作品では、水路長江を水軍で攻めると見せて主力の騎兵を先行上陸させ、背後を突くという曹操の戦略を読んで裏の裏をかき、周瑜と孔明が八卦の陣を敷いて迎え撃つという戦いの、陣立てと陣立ての応酬が実に見事に描かれているのである。

 これは三国志好きのみならず、白兵戦の歴史に興味のあるすべての歴史好き必見の映画にほかなるまい。

 来春の続編が楽しみだ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/503-1267ca84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。