趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーリン家の姉妹

 前々から興味のあった作品「ブーリン家の姉妹」を、上映終了ぎりぎりセーフの滑り込みで鑑賞してきた。

 離婚するために新しい宗教まで作ってしまったイギリス王ヘンリー8世が、わざわざ新しい宗教を作ってまで前妻を離婚し、結婚したのがアン・ブーリン(エリザベス1世の生母でもある)であるが、このアン・ブーリンを主人公に据えた歴史劇である。

 実に見ごたえのある映画であった。
 この映画には、およそ考えられる限りの人間の業というものがこれでもかと描かれている。

 アンとメアリのブーリン姉妹の、王の寵愛をめぐる確執や、前妻キャサリン・オヴ・アラゴンとの女の闘い、一人の女だけを愛することができず、飽きた女の命さえ奪いながら次々に相手を変えるヘンリー8世、王の権力に吸い寄せられ、自らも栄達を望んで王に近づくブーリン家一族の栄光と破滅……。

 女の業、男の業、権力の業、人間の業、ありとあらゆる業のカタログともいうべき人間模様を、冷徹に描ききったこの作品は、映画史上に残る傑作と私は思う。

 DVDが出たら、迷わず買いである(笑)
スポンサーサイト

コメント

本年もどうぞ宜敷くお願いします。

こういう大作はじっくり腰を据えて見たいですね。DVD買います♪

  • 2009/01/05(月) 14:17:09 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

この映画、前から興味あったのですが、会員になっている映画館に2月にかかるので、必ず見に行くことにしました。
キャサリン・オブ・アラゴンの立場も描いているのなら、いっそう楽しみです。

本年もよろしくお願いいたします。

  • 2009/01/05(月) 19:10:11 |
  • URL |
  • なつ #3ItBdoaY
  • [ 編集]

>gramophonさん

本年もどうぞよろしくお願いします。

この映画は、お勧めですよ。
ぜひDVDででもご覧になってください♪

>なつさん

本年もよろしくお願いいたします。

おお、二月にかかる予定があるのですね。でしたらぜひともご覧ください。
見て損はない、見ごたえのある作品です。

  • 2009/01/05(月) 23:47:12 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/525-59fea99d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。