趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かくなるうえは原点にまで~ピルスナーの元祖、ウルケル

 シンクロニティというやつなのだろうか、今月は妙にビールに縁のある月のようだ。

 明治、大正、昭和と味比べをして悦に入っていたのはすでに書いたとおりであるが、先週の「イブニング」に掲載されていたマンガ「もやしもん」で、ピルスナービールの原点・チェコのウルケルの話題が出てきて、大変興味をひかれた。

 やはり、日本国内の原点にさかのぼったのだから、これは世界規模でも原点にさかのぼりたいのが人情というものである。

 とりあえず、輸入ビールの充実した成城石井に行ってみると……ちゃんと売っているではないか!
 さすが成城石井の品ぞろえは素晴らしい。

 というわけで、最初のピルスナービールであるウルケルを飲んだ。
 ドイツ式に、大麦とホップだけで作ったビールだが、ホップを惜しげなくたっぷりと使っていて、大変にさわやかな香りが心地よい。
 麦の風味は思ったよりも軽やかで、確かに現代日本のピルスナービールの味わいにつながる味わいだということが分かる。

 一陣の風がのどを吹き抜けていくかのような、とてもさわやかで軽やかなビールだった。それでいて、コクがないとか麦の味が薄いというわけではない。それでいながら、惜しげなく使ったホップの香りの鮮烈さと、苦味の鋭さが、この爽やかさ、軽やかさを生み出しているのであろう。、

 ベルギーに並ぶ豊かなビール文化をもつというチェコのビールについても、もっと色々飲んでみたくなった。
スポンサーサイト

コメント

Budweiserというチェコが本家のビールもありましたね。
確か、米国のバドワイザーは名前を拝借したのだとか。

  • 2009/01/26(月) 18:38:16 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

へぇ、Budweiserというとあの素敵なモデルさんたちの印象ばかり強い(笑)アメリカの大味ビール、という印象しかありませんでしたが、オリジナルはチェコのビールだったんですね。

これは探し出して飲まなくてはなりませんな(笑)

  • 2009/01/27(火) 20:40:02 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/529-5a70caf8

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2013/04/24(水) 08:33:40 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。