趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜を往け

 9時過ぎまで税法実務・分析実務・会計実務と格闘し、十時過ぎに家に帰ってソーセージを茹で、白ワインを飲み始めると、思わぬ時間にインターフォンが鳴る。
 宅急便にしては時間が遅いので少々いぶかしみながら出てみると、そこに出たのはこばさんだった。晴れて免許を取得したこばさんが車に乗ってやってきて、深夜ドライヴにお誘いというわけである。

 喜んで助手席に座ったが、とても免許を取得して間もない人の運転とは思えぬほど、すいすいと走る。ペーパードライヴァー暦(苦笑)2年の私の技量などとっくに追い抜かれてしまった感じだ。

 車は高島台から青木橋を抜け、みなとみらいへ行くつもりが、車線を誤り戸部へと強制連行されてしまう。しかし戸部から野毛に抜け、日本大通を通って山下公園の先で右折、その後八の字を描いてみなとみらいに出、そこから市場方面を通って東神奈川に回り、反町に戻る。

 平日の夜ということもあってか道はスムーズで、すいすいと流れ行き、BGMにかかっていたタル・ファーロウの流麗なギターサウンドそのものの快適なドライヴであった。

 日付をまたいだ夜のドライヴは、こばさんのおかげで楽しいものであった。こばさんと別れ、家に帰った私はふと思い出して中島みゆきの「夜を往け」を聴き、その日は心地よく眠ったのであった。
スポンサーサイト

コメント

まぁまぁ、拙い運転をこんなうまげな物語風に仕立てていただいて!
今度はtiberiusゼミの門下生の皆で死の(笑)ドライブといきましょう~。

  • 2005/10/30(日) 21:57:43 |
  • URL |
  • こば #-
  • [ 編集]

良いですねえ。
あの車なら5人は余裕で乗れますよね。
久里浜まで行ってはらださんをのせ、三ツ境に北上してMiles…さんをピックアップし、さらにT君を迎えに綾瀬まで行っちゃいますか?かなり壮大なドライヴになりますね。

  • 2005/10/31(月) 00:45:27 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/53-383252e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。