趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高恐るべし

 円高である。

 日本経済にとっては致命的な、円高である。

 ……しかし、束の間、輸入品が為替差益による一時バーゲンセールとなるのもまた、円高である。
 
 オックスフォード大学が出している、これ一冊あればプロでも大体の用は足りるという、Oxford Latin Dictionaryという、大きすぎて片手では持ち上がらないような辞書がある。これはポンド高時代、日本の洋書店では大体5万円くらいする高価な本で(とはいえ一生ものなのでむしろ安いと言えるかもしれないが)、おいそれとは手を出せない辞書だった。

 ・・・・・それが、この円高のおかげで、直輸入なら送料込みでも18,000円程度で買えてしまう。

 また同じオックスフォード大学が出している、同じくプロでもこれ一冊でおおよその用は足りるという、Oxford Greek English Lexiconという、やはり両手を使わなくては持ち上がらない古典ギリシア語の辞書がある。

 ……これまた、かつて日本の洋書店では4万円台で売られていた高価な辞書だったのだが、今回の円高の恩恵により、なんと送料込みで12,000円程度で買えてしまうのである。

 というわけで、思わず日本円にして3万円と少し、世界経済の活性化に貢献することになってしまった(苦笑)。

 まぁ、一生ものの辞書がこの値段で二つも手に入るチャンスはそうそうなかろうから、よしとしよう。

 私は基本的に円高国益論には反対しているので、少々複雑な心境だが(それは一時的に輸入品を安く買えたとしても、その差益を上回る額の損失が雇用削減や給与カットの形で必ずのやってくる、いわば麻薬による陶酔のようなものなのだ)、まぁ目の前のチャンスは活かすことにしよう。

 ……それにしても、恐ろしい円高である。
スポンサーサイト

コメント

円高

今まで手の届かなかった品が海外から手に入るのは嬉しい限りですね♪
私もちょこちょこ注文してます(笑)。

  • 2009/01/30(金) 19:50:12 |
  • URL |
  • gramophon #mQop/nM.
  • [ 編集]

SPレコードなんかだと、特に円高効果が高そうですよね。
来月も円高が続いていたら、今度はCDを買いあさろうかと思います(笑)

  • 2009/02/02(月) 01:32:24 |
  • URL |
  • Tiberius Felix #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/530-7ce07652
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。