趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ米でチャーハン

 無性にチャーハンが作りたくなった。

 私は炭水化物は朝食と昼食にしか食べないよう心がけているので、今日の昼食に作ることにした。

 先日購入したタイ米の残りがあるので、タイ米を使ってシンプルな卵チャーハンを作ることにする。

 まずはタイ米を炊く、というよりゆでる。
 タイ米の正しい炊き方は、日本米とは異なり、大量の沸騰した湯の中にばらばらと米を投入して、パスタをゆでるように茹でてやるのが本場式だそうで、実際この炊き方をしたほうがタイ米本来の香りと食感をより良く味わうことができるように思われる。

 BRITAの浄水器でろ過した水を鍋いっぱいに張り、強火で沸騰させて、グラグラ煮え立ったところでタイ米70グラムを投入。10分弱ゆでて、ざるにあけ、水気を切る。

 卵二個を割りほぐし、長ネギをみじん切りにして、塩と胡椒を小皿に必要量準備し、中華鍋を熱する。

 鍋肌から煙が立ってきたらごま油をたっぷり注ぎ込み、鍋全体になじませ、とき卵を投入。軽く煎って油になじませたところで、タイ米を投入し、ガンガン炒める。中華鍋は素人が適当に振っても案外こぼれずにあおれるのがいい。

 コメの水分が飛んできたところで長ネギを投入し、ネギに火が通ったころ合いで塩、こしょうを投入。全体に塩味がいきわたるように鍋をあおって、完成である。

 狙い通り、ぽろぽろとはらけ具合のよいチャーハンができた。やはり、タイ米はチャーハン作りには適しているようだ。

 明るいうちに限っては、たまにはこういう体脂肪のもとを作って食べるのもいいだろう。

chahan

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/535-57193443
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。