趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア料理初体験

 コンサートがはねた後、一緒に来た友人とともに、六本木のロシア料理店「バイカル」にて、ロシア料理とグルジアワインを味わった。

 ロシア料理は、それなりに有名である割りに実際に味わった経験がなかったので、一度食べに行きたいと思っていたのである。

 六本木のバイカルは、キッチンもホールもスタッフが全員ロシア人で、日本人の好みに妥協しない本物のロシア料理を出していることで、通の間で評価されている店であるらしい。実際、客層も日本人とロシア人(と思しきスラヴ系の顔立ちの白人)が半々といったところで、ロシア大使館から徒歩圏内であることもあり、故郷を離れたロシア人に故郷の味を提供する店なのであろう。

 まずはボルシチでスタートした。
 本場のボルシチは、ビーツのほか、たっぷりと玉ねぎや牛肉など、具だくさんで、非常に食べ応えがある。サワークリームが浮かべられていて、それをスープに溶かして食べるのだが、サワークリームのコクがありながらほのかな酸味がキレのある味わいが、牛、ビーツ、その他の具から出た厚みのあるだしのうまみと溶け合って、大変美味であった。

 グルジアの白ワインをグラスで頼み、味わう。
 グルジアは、ワイン発祥の地、コーカサス地方の国であり、そのワインもワインの原点も核や、と思わせる素朴で力強い味わいであった。非常に素直にブドウの味が出ていて、やや甘口ではあるものの、酸味もそこそこあり、サワークリームベースのボルシチとなかなかよく合った。

 次に牛肉のクレープ包みを味わった。ひき肉を牛のだしで煮たものを、ふわふわとしたクレープで包んである。素材の味が非常に生かされており、コクがあることに加え、ふわり、しっとりとした食感と、体を温めるような温かさが、さすが寒い国の料理と思わせる。これには白ワインは少々役不足であった。

 白ワインが空いたところで、今度は同じくグルジアの赤ワインを注文。
 これもまた、渋みが効いている一方、酸味と甘みのバランスが良く、グルジアとはこういうものだと実感させられる。

 続いて、牛レバーのピロシキ。ピロシキというと揚げパンという印象があるが、ロシア本場ではすべてのピロシキが揚げものではないらしく、このピロシキも普通のパンに牛レバーのペーストを詰め込んだものであった。レバーの力強い味わいが、グルジアの赤ワインの素朴な力強さと大変によく合う。

 ビーフストロガノフが出てくる。
 これまた、サワークリームをたっぷりと使った本場のビーフ・ストロガノフで、サワークリームの味わいが肉のうまみをよく引き立てている。言うまでもなく、グルジアの赤ワインとの相性は最高だ。

 続いて、ロシア水餃子といわれるペリメニを味わった。
 これは、中華の水餃子とほとんど同じ、豚のひき肉とニンニクの餡を包んだ水餃子で、これをサワークリームベースのホワイトソースで味わう。これは慣れ親しんだる水餃子そのもので、サワークリームベースのホワイトソースもなかなかよい味わいであった。

 ワインがまだ少し残っていたので、つまみにキノコのチーズ風味の壺焼を頼む。
 壺焼はロシア名物のひとつだそうで、キノコもまたタイガ気候で森の多いロシアの名物の一つである。かのフルシチョフはキノコ狩りの名人だったのだとか。つまみにはなかなかよい料理であった。

 最後に、ロシアンティーを味わった。
 イチゴジャムとオレンジママレードを紅茶に溶かして味わう。
 ジャムとママれードの香りが、紅茶の香りと溶け合って、美味い。

 ロシア料理は期待以上に美味であった。
 「君が何を食べるか言ってみたまえ。君という人間を当てて見せよう。」というブリアサヴァランの言葉を信じるならば、少なくともアングロサクソン民族よりはロシア人の方が充実した生活を送っているようだ(笑)
 

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/538-825cb703
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。