趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掘り出し物のクロイツェル

 ベートーヴェンの作品の中でも、クロイツェル・ソナタは1,2を争う私の好きな作品である。

 先日もヒロ・クロサキの素晴らしい演奏が手に入ったのだが、それに劣らぬ素敵なディスクが手に入った。

 Covielloというマイナーレーベルから出ているもので、ヴァイオリンがメットガー、フォルテピアノがツィッターバルトという組み合わせである。

 このアルバムの最大の特徴は、ディスク1はオリジナル楽器で、ディスク2はモダン楽器で演奏しているというもので、両者を聴き比べられるようになっていることである。

 しかし、それ以上に私にとって興味深いのは、オリジナル楽器による録音の方で使われているフォルテピアノが、1795年ごろのヴァルターの5.5オクターヴモデルが使われているということである。

 クロイツェルの作曲は1803年であるが、通常、どういうわけかグラ―フやシュトライヒャーなどの1815年ごろの6オクターヴのモデルで録音されることが多いようである。しかし、以前フォルテピアニストの小倉貴久子氏のコンサートで、クロイツェルは5.5オクターヴモデルで演奏可能というコメントを聞いて、ずっとなぜ5.5オクターヴモデルを用いないのか、疑問に思っていたのである。

 実際に5.5オクターヴモデルでの演奏を聴いてみると、いかにも「フォルテピアノが限界」な感じがする。
 5.5オクターヴモデルの場合、鍵盤を端から端まで使いつくすことになるため、限界までフル稼働というような表情が出てくるし、また、おそらくは鍵盤の構造上、連打の速度に制約があり、6オクターヴモデルに比べるとどうしても連打でスピードを落とさざるを得ない。

 しかし、そうした制約のもとでの演奏は、その「限界」な稼働ぶりを耳にするにつけ、以下にこの作品が斬新で画期的なものだったか、実感がわくというもの。この「限界」を突き破る感じこそ、この野心作にはふさわしいと私は思う。

 さらに、5.5オクターヴモデルの利点は、ヴァイオリンが機動力に劣るフォルテピアノを気遣いながら演奏することで、両者の対話の緊密さが非常に増すということである。速度の取り方一つからしてヴァイオリンのフォルテピアノへの気遣いが聴いて取れ、非常に面白い音楽的対話が繰り広げられるのである。

 そうした密なコミュニケーションの結果か、ニュアンス豊かな弱音表現があちこちに出現し、それがクライマックスでのフォルテシモとの絶妙のコントラストをなし、大変表情に満ちた演奏になっているのである。

 これは、いかにもベートーヴェンというような血のたぎるパワーとは無縁の演奏ではあるのだが、実に知的刺激に満ちた、興味深い演奏だと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/601-c1a90d1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。