趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

N9,590、E9,270

 前回の底値10,125でいったん反発した日経225先物は、転換線を越えることはできず、三役逆転を経て今日の暴落で10,125円を下回り、下げ相場が明確となった。
 
 私はショートでのエントリーポイントは10,125を明確に下回ってからと考えていたので、逆指値を10,120に入れていたのだが、昨夜のNYの暴落を受けて今朝大きな窓を開けたため、エントリーは10,060円であった。このあたり、窓は週末しか開かない為替に比べて株はリスキーだ。

 さて今後の戦略だが、まず時間については対等数値を見ると10,980円から10,125円までの下げが12、その前の9,970円から9,005円までの下げが11。9,795から10,980までの上げは22。今回の戻りを含めた下げ全体が対等数値22を取るとすれば残り7。これに基本数値を加味すると、下げの持続日数の候補としては、7、9、11、12、と言ったところだろう。

 一方、値幅は、10,980から10,125への値幅855をベースに考えると、N値で9,590、E値で9,270。はてさて、利益の伸びや如何。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/608-c2285aa5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。