趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難攻不落の要害、ついに陥落す!

 私は大人になって酒を飲むようになってから、子供のときには嫌いだった数々の食材が好物に変わるのを何度も体験した。

 レバーしかり、茄子しかり、ソラマメしかり。

 かくて多くの嫌いだった食材との和解が成立していたのであるが、最後に残った難攻不落の要害はニンジンで、これはあたかも攻めても攻めても落とせない203高地のごとく、幾度でも私の舌との和解を拒んでいたのである。

 だが、ついに難攻不落のニンジンも、陥落のときが来た。

 あの、ニンジンの嫌な匂い、嫌な甘みをきれいに抜き去る方法を知るに至ったのである。

 方法はしごく単純だ。

 ニンジンの皮を厚くむき、ぶつ切りにして、たっぷりの冷水を張った鍋に入れ、弱火で沸騰するまでゆでる。
 沸騰したら2分ほどゆでつづけ、2分たったらざるにあけて、今度は冷たい流水にさらす。

 ニンジンの嫌なにおいと嫌な甘みの成分は、水に溶かすか熱で壊すことができ、この火攻め水攻めの計略をもってすればかの難攻不落の要害といえどもひとたまりもない。

 こうして「去勢」したニンジンを、アイリッシュシチューに入れてみたのだが、あのだし全体を侵食する嫌なえぐみも嫌な臭みもなく、実に美味しく食べることができたのだ。

 科学の勝利!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tiberiifelicis.blog10.fc2.com/tb.php/631-409ceda7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。