FC2ブログ

趣味の迷宮 ~LABYRINTHVS AD PARNASSVM~

作者Tiberius Felixの迷宮的な趣味に関する雑記帳。 主に音楽、映画、読書、語学、グルメなどの感想・論評を中心に、興味の赴くまま無秩序に迷宮的に書き綴っていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネクタイ(2)

 昨日ネクタイの話題を出したので、もうひとつネクタイネタを。

 もう4~5年位前のことなのだが、当時横浜TACで勉強していた私は、特殊商品売買の原価率算定に傷つけられた精神を癒そうと、ポルタの丸善に休憩に出かけた。

 そこに平積みにされていた文庫本に、『ネクタイの数学~男性の首に一枚の布を結ぶ85の方法』というのを見つけ、手にとって見たところ、ネクタイに関する薀蓄がたくさん載っている他、著者である二人の数学者が、数学を駆使して、数学的に結びうるすべての結び方を網羅的に記述したという空前絶後の本であることがわかり、面白いので買ってみることにした。

 数学的な理論のところは当然読み飛ばして(苦笑)、さまざまな結び方を見ていると、一つ、ほかの結び方とはまったく異なる斬新な結び方が乗っていた。

 それは、『クリステンセン』という結び方で、ネクタイの結び目がX字型にクロスする、というものである。

おお、これは是非まねしてみよう、と思った私は、その直後にスーツを着る機会に試してみた。

 しかし、普通のネクタイでこれをやると、ネクタイが下へ行くほど太くなっているため、細い部分の上に太い部分が交差するため、X字のクロスがはっきり形にならないのである。

 本には、太さが一定のストレートタイ(スクェアタイ)で結ぶとX字クロスがはっきりと形になる』とあり、それ以来私の長いストレートタイ探しの日々が始まった。

 このタイプのネクタイは、かなり昔に一時期流行したことがあったらしいのだが、現在はほとんど見かけることがなく、入手はなかなか難しい。

 数ヶ月に一度、思い出したようにネットでも店舗でも探していたのだが、一向に打っているのが見つからない。

 ところがこの夏、一部でカジュアルアクセサリとしてストレートタイが結ばれているのを時々目にするようになった。これはもしや、と思い、ネットで検索してみたら、ついに売っているのが見つかったのである。

 ようやく商品が届くと、早速クリステンセンを試してみた。
 
 差は歴然である。X字型のクロスが、はっきりとわかるように出ている。

 ビジネスシーンでも違和感のないデザインなので、仕事中は定番のフォア・イン・ハンドかウィンザーにでも結んでおき、仕事の後遊びに出かけるときに結び目をクリステンセンに変えていく、なんてことも可能である。史上有数の伊達男として歴史に名を残したイギリスのボウ・ブランメルは会う女性ごとに結び目を変えたというが、この結び方は君と合うときしかしないのだよ、などという気障な真似もしてみたいではないか(もっともこの手の男の独りよがりは実際には95%以上の確率で逆効果なので、ひそかに憧れはしても実行するほど大胆にはなれないが)。

 わかる人にしか、わからない。そんな遊び心もまた乙なものであろう。

ネクタイ

 今日ははらださんにお誘いいただいて、Miles的・・・さんと3人で三浦海岸に出かけた。
 夏の終わりの海は人ごみもピークを過ぎて大変快適で、終わり行く夏を愛でることができた。

 その後は横浜への帰り道ということで鳥浜のアウトレットに寄り道したのだが、そこで大変珍しいものを発見した。

 なんと、羊革製のネクタイである。

 私は大変に迷った。革製品のような手入れの大変なものを、しかもネクタイのような首に巻いて結び目を作ったり解いたりを繰り返すものを、果たして私にメンテナンスできるであろうか。まず無理であろう。

 しかし、革製のネクタイなどこの一品を買い逃してしまったら、おそらくもう二度とめぐり合うこともないであろう。

 散々迷った末に、私は決断した。

 買いだ!!

 手入れの大変さを考えたら、おいそれとはすることもできないであろうが、こういう珍品は使用することよりもむしろ所有することに意義がある、といえるだろう。

 私はこういうマニアックなものに目がないのだ(苦笑)。

ポーション     HP を かいふく します

 ファイナルファンタジーシリーズのHP回復アイテムは、1よりずっと「ポーション」である。

 で、シリーズ最新作ファイナルファンタジー12の発売を記念して、サントリーからこの『ポーション』が、発売されたのである。

 どうやらサントリーは、この回復アイテムに栄養ドリンクをイメージしたと見え、パッケージはあたかもドリンク剤のような小ぶりのガラス瓶である。どうせならゲームの設定資料集のイラストのような角ばったビンを期待したかったところだが、まあ採算を考えれば仕方あるまい。

 早速飲んで見ると……

 幼稚園児用風邪薬のような味がする(苦笑)。

 成分を見るといろいろなハーブの類がたっぷりと使用されており、そのままだと苦いので佐藤で無理矢理甘くしているようである。色は透明な緑色……

 まあ、確かにHPは回復しそうですけどね。

苦痛の靴選び

 などと絶対零度の駄洒落を言いたくなってしまうほど、私の足に合う靴は市場に出回っていない。

 ちょうどドナルドダックの足をイメージしてもらえるとわかると思うのだが、私の足もあのディズニーキャラクターの足のように、非常に幅広なのである。

 それゆえ、純粋な前後の長さだけならば27で事足りるはずのところ、27では4Eでも横幅が靴に収まりきらず、4Eでも横幅の収まるサイズとなると、28でぎりぎりとなる。

 この足を納めうるサイズの靴を探すとなるともう大変な騒ぎで、店を何軒か回ってようやく1足見つかるかどうか、と言う有様である。それゆえ靴の買い替えは非常に億劫な大事業となり、その結果私は文字通り履き潰すまで靴を買い換えようとしない。大体において、なぜ靴と言うものはつま先を細くしたがるのだろう?西洋人の足はひし形なのだろうか。私の足はまさにドナルドダックの足のごとく、つま先に近づくほど幅が広くなるのでこういう靴をはこうとすると古の中国人女性の纏足の如き相様を呈するため、とても履けたものではない。うむむ。

 さらに厄介なことに、アレルギー体質なため、ちょっとでも通気性が悪いとてきめんに皮膚が炎症を起こし、焼けるようなかゆみで夜も眠れぬほどの責め苦に苛まれてあっという間に病院送り(といっても皮膚科だが)となってしまうのである。

 今日は、いくらなんでも、と我ながらあきれるほどボロボロに履き潰れつつある通勤用の靴をあきらめて買い替えに出かけたのだが、そんなわけで結局履ける靴を見つけられなかったのであった。

 結論:日本人は草履を履くべし!!

だまされた!!

 私はアイスクリームが好きで、コンビニでよく買って食べる。
特にセブンイレブンのワッフルコーンシリーズが好きで、これを朝食代わりにすることも多い。
 で、昨日の夜立ち寄ったとき、新作が出ているのが目に留まり、私の好きなイチゴ味と言うこともあって早速購入した。
 翌朝、期待に胸を膨らませて最初の一口をかじったのだが…

 アイスクリームの味がしない。

 ほんのりイチゴ風味の、強烈な豆腐の味がする……(死)。

 なんとそれは、「豆乳で作った」と言うアイスクリームだったのである!

 昔マザーと言うファミコンゲームにいちごとうふというアイテムが出てきたが、きっとこういう味だったに違いない。
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。